15.2 C
Tokyo
2024年 4月 12日 金曜日

ダウ・ジョーンズ・ニュースワイヤー9月の中国消費者物価は横ばい、予想を下回る

Must read

中国の9月のヘッドラインインフレ率は横ばいで、豚肉と野菜の価格が急落したことと、ベース効果が高かったことが重荷となった。

国家統計局が金曜日に発表したところによると、消費者物価指数は8月の0.1%上昇に対し、前年同月比横ばいとなった。

この数値は、ウォール・ストリート・ジャーナル紙の世論調査でエコノミストが予想した0.2%の上昇を下回った。

食品価格は8月の1.7%下落に対し、9月は前年同月比3.2%下落した。統計局によると、食品価格と主要消費者物価指数(CPI)は、前年同月比の高水準に矮小化された。豚肉と生鮮野菜の価格は下落幅を拡大し、9月はそれぞれ前年同月比22.0%、6.4%の下落となり、食品価格全体の下落の90%近くを占めたと統計局は発表した。

非食品価格は8月の0.5%上昇に対し、9月は前年同月比0.7%上昇した。

中国の9月のコアCPI(変動しやすい食品とエネルギー価格を除いたもの)は前年同月比0.8%上昇し、3ヵ月連続で同水準にとどまった。

月次ベースでは、中国の消費者物価指数は8月の0.3%増に対し、9月は0.2%増となった。

一方、生産者物価はデフレにとどまったが、下落ペースは鈍化した。

中国の生産者物価指数は、製造業者が販売する商品の価格を示すもので、8月の3.0%下落に対し、9月は前年同月比2.5%下落した。WSJの調査では、エコノミストは2.4%の下落を予測していた。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article