15.2 C
Tokyo
2024年 4月 12日 金曜日

ベン・ストークス、W杯イングランド代表戦後に膝の長期故障と付き合うことに

Must read

イギリス

ベン・ストークスは、インドで開催されるICC男子クリケット・ワールドカップのイングランド遠征が終わった後、左膝に関する長期的な問題を克服するために手術を受けることになりそうだ。

イングランドは 悲惨なワールドカップ・キャンペーングループリーグ最初の6試合で5敗を喫し、準決勝進出の可能性はほぼなくなった。グループステージでイングランドが対戦するのは、オーストラリア、オランダ、パキスタンの3チームで、最終戦は11月11日(土)に行われる。

ストークスにとって、今回のワールドカップは、昨年、全てのフォーマットでの負担を管理するのが難しいという理由で引退していた50オーバークリケットの復帰戦となりました。

彼の引退撤回により、イングランドは2019年ワールドカップの栄光を強固に守ることができるようになり、ワールドカップに向けて大きな弾みをつけた。

しかし、ストークスはワールドカップ開幕の数日前に股関節を痛め、グループリーグ最初の3試合を欠場することになった。ストークス不在の中、イングランドは開幕3試合で2敗を喫し、フィールドでの彼の存在感が非常に欠けているように見えた。

ストークスは、ワールドカップでプレーした試合でわずか48ランしか記録していない。イングランドは今大会、ストークが出場した3試合すべてに敗れている。

膝の手術を受けることで、ストークスはより高いレベルのパフォーマンスを取り戻せるかもしれない。膝の問題のために、彼はワールドカップで適切なオールラウンダーとして活動することができず、代わりにただのバッツマンとして起用されてきた。

ストークスのボウリング能力の低さは、この問題にまで遡る。 昨夏のアッシュズテストシリーズ オーストラリアとのテストマッチ最終3試合でボウリングができなかった。

ストークスは今、イングランドのテストキャプテンとしての職務を再開し、来年1月25日にハイデラバードで始まるインドでの5試合のテストシリーズに備えるための時間との戦いに直面している。インドでのテストシリーズが始まる前に、イングランドはアラブ首長国連邦で練習合宿を行うことになっており、ストークは手術後の復帰日としてこの日を目標にしている。

ストークスは、オーストラリアとのワールドカップ・イングランド戦の前に、1月のインド戦で母国を率いる自信があると明かした。同選手はこうコメントした:「テストシリーズには間に合うと思う。手術がインドでのシリーズ参加に支障をきたすことはないと思う」。

ストークスはまた、ワールドカップで50オーバークリケットに復帰したことを後悔しているかと聞かれ、その決断を擁護した。彼はこう言った:「もし僕らがもっといい位置にいたら、そんな質問はされなかっただろうね。物事がうまくいかなかったときにする質問は簡単だ。正しい決断だったし、後悔はしていない」。

ストークスは、膝の問題を解決した後、イングランド代表のオールラウンダーとして再び活躍することを熱望していると付け加えた。イングランド代表のテストキャプテンはこう語った:「それは僕にとって大きな障害で、チームのためにできることに影響を及ぼしている。打者としての役割、そしてボウラーとしての役割も果たせるようになることを期待しているよ」。

2024年はイングランドにとって忙しい年になりそうだ。インドでのテストシリーズに加え、来年の夏には3試合のテストシリーズでウェスト・インディーズとスリランカを迎える。また、イングランドは5月にパキスタンとのT20国際試合を4試合開催し、来年夏に西インド諸島とアメリカで開催されるICC男子T20ワールドカップの防衛戦に備える。

その後2024年には、イングランドはオーストラリアをホスト国とし、3つのTwenty20国際試合と5つの1日国際試合が行われることになっている。

ストークスの最優先事項はテストマッチでイングランドを率いることですが、来年イングランドのワンデークリケットにどれだけ関わるかは不明です。手術後、ストークスはイングランド代表のオールラウンダーとして、どのようなフォーマットであれ、いつものベストパフォーマンスを発揮できることを望んでいることでしょう。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article