18.2 C
Tokyo
2024年 4月 12日 金曜日

ECJ、140億ドルの税務訴訟でアップルに打撃

Must read

テクノロジー

アップルは、2020年の裁判所命令に法的誤りがあることが判明したため、アイルランドに140億ドルの税金を支払わなければならないかもしれない。欧州司法裁判所(ECJ)は、EU一般裁判所は一連の法律上の誤りを犯しており、その決定を修正しなければならないと述べた。

3年前 アップルに無罪判決 同社が2003年から2014年の間にアイルランドで支払うべき140億ドルの税金を節約することを可能にした法的な抜け穴を悪用したとして。

テクノロジー アップル、結局140億ドルの税金を支払わなければならないかもしれない

2016年、アップルはアイルランドで優遇措置と減税を受けていると欧州委員会から非難された。同社は通常12.5%の法人税を1%課され、EUの公正競争規則に反していた。両者は裁判を起こしたが、欧州連合一般裁判所は欧州委員会の決定を取り消し、遡及的に税金を支払うことにした。

新たな判決は数カ月以内に出される予定である。ECJは、税法は議論の対象ではないと述べた。アイルランドのマイケル・マクグラス財務相は声明の中で、同国がアップル社に国家援助を行ったことは一度もないと述べた。

テクノロジー アップル、結局140億ドルの税金を支払わなければならないかもしれない

アップルは一時全額を支払わなければならず、そのお金はエスクロー口座に保管されていた。今、両当事者は、支払いをさらに進め、この問題のページを閉じる前に、一般裁判所が新たな決定を下すのを待たなければならない。

Via

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article