15.2 C
Tokyo
2024年 4月 12日 金曜日

ドライバーは世界情勢に無頓着ではない

Must read

ウクライナ戦争

ウクライナ戦争 ドライバーはグローバル(...)

F1ドライバーは不安定な世界情勢に気づいていないとジョージ・ラッセルは主張する。

数年前の社会正義運動やコビド19、ウクライナでの戦争勃発は大きな例外だったが、最近の世界的な動き、たとえばガザやイスラエルでの新たな紛争などについては、ドライバーたちはほとんど沈黙を守っている。

F1のベルギー放送局『RTBF』の特派員であるガエタン・ヴィニュロンは、メルセデスのドライバーであるラッセルに、彼はまだ時事問題に注意を払っているのか、それとも今は本業に専念しているのかと尋ねた。

「ニュースは読むし、世界で何が起こっているかは見ているよ」と25歳のイギリス人は語った。

「F1ドライバー協会のシニアディレクターであるラッセルはこう付け加えた。

「F1ドライバー協会のシニアディレクターであるラッセルは、「私たちはF1バブルの中で生きている。

そして、ラッセルにとって頭の片隅にあるのは戦争ではなく、もっと身近なもの、つまり貧困である。

「世界には多くの貧困がある。 「最近アメリカに行ったとき、たくさんのホームレスの人たちを見た。 ひどい光景だった。

“なぜ私たちは彼らのためにもっと努力しないのだろうと思うことがある。”

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article