9.7 C
Tokyo
2024年 2月 27日 火曜日

今日の株式市場:ウォール街、さらなる上昇で今年最高の週を終える

Must read

ニューヨーク — ウォール街は金曜日にさらに上昇し、ほぼ1年ぶりの好調な週を締めくくった。

S&P500種株価指数は40.56ポイント(0.9%)上昇の4,358.34となり、連日で上昇した。ダウ平均は222.24ドル(0.7%)高の34,061.32ドル、ナスダック総合株価指数は184.09(1.4%)高の13,478.28となった。

株価は、連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ抑制を目的とした、市場を混乱させる利上げをついに終了するとの期待の高まりから、週を通して急上昇した。先月の雇用者数がエコノミストの予想よりも少なかったという金曜の報道は、インフレへの圧力が和らいでいることを強調した。

S&P500種株価指数が年初来高値から10%下落し、ウォール街が動揺していたわずか1週間前とは打って変わった。このためウォール街の主要株価指数は、投資家が「調整」と呼ぶ状態に陥った。

その後、好調な利益報告によって、いくつかの銘柄は急上昇した。バックアップ発電機のメーカーであるジェネラックは、2010年の取引開始以来最高の28%近い急騰を記録した。エクスペディア・グループでは、またもや予想を上回る好決算が発表され、同社の株価は22%近く上昇し、市場が2020年初頭にコロナウイルスの暴落から急浮上して以来、最高の週となった。

しかし、世界中の金融市場の乱高下の中心にあったのは金利、利回り、インフレだった。

今週に入るまで、株価は急速に上昇する国債利回りの重圧に苦しんでいた。これらの利回りは、5.25%を超え2001年以来の高水準にあるFRBの主要金利に追いついていた。

金利と利回りの上昇は景気を減速させ、投資価格を下落させ、春に金融市場を動揺させた3つの有名な米銀破綻のように、金融システム内で何かが破綻するリスクを高める。

「ノーザン・トラスト・ウェルス・マネジメントのチーフ・インベストメント・オフィサーであるケイティ・ニクソン氏は、「FRBが行き過ぎることを恐れていた。

FRBは意図的にこのような圧力をかけ、インフレから燃料を奪うことを望んでいる。FRBは雇用市場の冷え込み、特に労働者の賃上げを望んでいる。FRBは、強すぎる賃上げが悪循環を生み、インフレを高止まりさせることを恐れている。

アナリストによると、金曜日の雇用統計はFRBにとって心強いシグナルとなり、10月の平均時給は予想よりも9月からの上昇が少なかったが、これは仕事が終わったことを意味するものではない。

雇用統計の直後、債券市場の国債利回りは急落し、ウォール街に蓄積された圧力がさらに解放された。10年物国債利回りは、2007年以来の高水準を記録した先週の5%超から、木曜日深夜の4.67%から4.52%へと低下した。

もちろん、利回りの急低下は長期的には投資家を苦しめることにもなりかねない。パウエルFRB議長は今週、最近の利回り上昇が「持続的」であれば、中央銀行はこれ以上利上げする必要はないかもしれないと述べた。このような高い利回りは、FRBが再び利上げをしなくても、それだけで景気を減速させ、インフレを押し下げる可能性がある。

国債利回りが急速に後退すれば、FRBはより神経質になり、再利上げを検討するようになるかもしれない。10年物国債利回りはわずか1週間で、10月中の上昇分を帳消しにした。

加えて、雇用市場の鈍化が経済成長への圧力を高めており、ウォール街では現在経済が好調であるにもかかわらず、景気後退の可能性に対する懸念が依然として存在している。

それでも、米国の雇用市場の鈍化は、FRBに金利引き上げを中止させる可能性があるため、投資家にとってはまさに望むところだ。

CMEグループのデータによると、トレーダーはFRBによる最初の利下げがいつ行われるか、夏までに行われる可能性があるとの予想を引き上げている。このような利下げは、金融市場にとってステロイドのように作用する。

世界中の投資家にとって、「FRBは他の中央銀行よりも重要」であり、弱い米国のデータは「市場にとって唯一のゲームチェンジャー」であると、バンク・オブ・アメリカの外国為替ストラテジストはBofAグローバル・リサーチのレポートに書いている。

金曜日に発表された別のレポートによると、金融や建設といった米国のサービス産業の先月の伸びは、エコノミストの予想よりも弱かったという。供給管理協会(Institute for Supply Management)の報告書も、物価の若干の緩和を示唆している。

FRBが緩和する可能性があるという興奮は、ウォール街で最も影響力のある株であるアップルの下落を相殺するには十分すぎるものだった。

米国で最も価値のある株式は、アナリストの予想よりも強い最新四半期の利益を報告したにもかかわらず、0.5%下落した。アナリストは、投資家はアップルの2023年の最後の3ヶ月の収益予測に失望した可能性が高いと述べた。

ウォール街の勝ち組はカーディナル・ヘルスだった。予想を上回る利益報告を受け、6.9%上昇した。

株価指数はヨーロッパではまちまちで、アジアの大半では上昇した。

___

APライターのDamian J. Troise、Zimo Zhong、Matt Ottが寄稿。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article