18.2 C
Tokyo
2024年 4月 12日 金曜日

スナック、警察発言への圧力高まるもなおブレイバーマンを支持

Must read

ビジネス情報

英国のリシ・スナック首相は、スエラ・ブレイバーマン内務大臣を解任するよう求める声を無視し続けている。 を非難している。 警察の偏見を告発する

水曜日の『タイムズ』紙に掲載されたブラヴァーマンは、攻撃的な右翼の抗議者たちは警察によって「正しく厳しい対応で迎えられた」一方で、「親パレスチナ派の暴徒」は「ほとんど無視された」と主張した。

彼女はさらに、警視庁は「二重基準」を適用しており、「デモ隊に関しては贔屓をしている」と述べた。

彼女の発言とそのタイミングは、政治的なスペクトルを超えて広く反感を買っている。

水曜日の下院で、労働党のキール・スターマー党首は、ブレイバーマン氏は内務長官の本来の役割とは「全く逆のことをしている」と述べ、彼女は「手に負えない」と語った。

イヴェット・クーパー内務大臣もこの意見に同調し、「警察を支援すべきなのに」警察を攻撃していると非難した。

彼女は、今週土曜日の休戦記念日に計画されている抗議デモ行進に関する内務大臣のコメントは、「あらゆる立場の過激派を勇気づける」ものだと主張した。

一方、ジョージ・オズボーン元トリー首相は、首相がブレイバーマン女史の解任を見送れば、首相が弱腰に見える危険性があると述べた。

本日未明、ジェレミー・ハント現首相は内務大臣の見解から距離を置き、彼女のコメントは「私が使う言葉ではない」と述べた。

この記事が掲載されて以来、ブレイヴァーマンがダウニング街からの記事のトーンを下げるよう要請を無視したことが明らかになった。

その後、ダウニング街は、彼らが要求した変更なしに記事が掲載されるに至った経緯について非公式の調査を開始したと発表した。

閣僚規範では、すべての主要な発表の政策内容と時期について、「内閣業務の効果的な調整を確保するため」No.10の許可を得るべきとしている。

しかし、首相の報道官は、政府の「集団的な焦点」は、週末のイベントが混乱なく行われるようにすることだと述べた。

また、ナンバー10によれば、スナックはブレイバーマンを「全面的に信頼している」という。

いずれにせよ、内務大臣の将来についての決定は、親パレスチナの 抗議 土曜日に行進と休戦記念日

親パレスチナ派の集会が開催されるようだ、 にもかかわらず イギリスの戦没者を追悼する毎年恒例の厳粛な行事と衝突する可能性があるという政府の懸念にもかかわらず。

スナック政権は、イギリスの首都での抗議活動を禁止するよう警察に圧力をかけていた。

しかし、マーク・ロウリー警視庁長官は、デモ参加者の言論の自由を理由に、デモ行進の中止を正式に要請することを今のところ拒否している。

一部 rレポートs によると、サッカーのフーリガンのギャングやその他の右翼グループが今週末、ロンドンで開催される慰霊の日のイベント中に、慰霊碑を親パレスチナ派の抗議者から “守る “ための大規模な運動を組織しようと計画しているとのことだ。

一触即発の可能性がある週末の抗議行動を前に、トーリーの国会議員たちは、スエラ・ブレイヴァーマンの扇動的な暴言について、有権者から苦情を受け取っていると、元大臣が語った。

ワージング&ショアハム選出のティム・ロートン議員もまた、内務大臣がNo.10に公然と反抗し、「彼女自身の議題を推進している」と非難した。

ブラヴァーマンの立場はもうどうしようもないのか、という質問に対し、「彼女は簡単にはいかないと言わざるを得ない」と彼はNews Agentspodcastに語った。

「そして、この事態を収束させる必要がある。内閣の上級閣僚が10号庁に逆らい、彼女自身の意図を押し通すようなことがあってはならない」。

さらに、「彼女のコメントの中には、役に立たないものもある。私たちの多くも、有権者からそのような趣旨のメールを受け取っています。

北アイルランドの政治家たちは、ブレイヴァーマンがロンドン中心部での最近の抗議デモを「北アイルランドで見慣れた種類の、特定のグループ(特にイスラム主義者)による優位性の主張」と表現したことで、ブレイヴァーマンの記事がストーモントで機能する民主主義に戻る可能性を損ねたと主張した。

警視庁によると、ロンドン中心部での抗議デモの報告が13倍に急増したという。 反ユダヤ主義犯罪 ハマスの攻撃とイスラエルの報復を受け、10月の反ユダヤ犯罪件数は昨年と比較して増加した。

METはまた、反イスラム犯罪が昨年と比較して2倍以上に増加していることも明らかにした。

ブレイヴァーマンは 警告した 川から海まで、パレスチナは自由になる」という唱和がイスラエルの完全破壊を呼びかけ、ハマスのイデオロギーを支持していることは「広く理解されている」。

しかし、「川から海へ、パレスチナは自由になる」というスローガンは、ヨルダン川西岸とガザにおけるイスラエルによるパレスチナ人の占領に終止符を打つための政治的な呼びかけとしても認識されている。

メットはこの聖歌が犯罪を構成するものではないと宣言しているにもかかわらず、ブレイヴァーマンは以前、「特定の文脈での使用が人種差別的加重犯罪に相当するかどうかを…検討する」よう同局に要請している。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article