15.2 C
Tokyo
2024年 4月 12日 金曜日

今日の株式市場米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ終了への期待からウォール街は上昇

Must read

東京–。 木曜日、米連邦準備制度理事会(FRB)がウォール街と経済にこれ以上強いブレーキをかける必要はないとの見解を示したことを受け、アジア株はほぼ全面高となった。

日本のベンチマークである日経平均は、0.9%上昇し31,899.00となった。オーストラリアのS&P/ASX200は、1.1%上昇の6,910.10。韓国のコスピは1.8%高の2,342.87。

香港のハンセンは1.2%高の17,296.34、上海総合は0.1%高の3,026.32。

「米連邦準備制度理事会(FRB)が政策引き締めサイクルが終盤に差し掛かっている可能性を示唆した後、アジア市場が米国株と債券の上昇にポジティブに反応しているのは驚くことではない。と、SPIアセット・マネジメントのマネージング・パートナー、スティーブン・イネス氏はコメントで述べている。

日本では、岸田文雄首相が約1130億ドル相当の景気刺激策を発表した。これは、インフレ上昇による家計への打撃を和らげることを意図したものであり、政権に対する国民の支持率低下に対抗するためのものである。この景気刺激策には、個人や企業に対する減税措置や、上昇するエネルギーコストを削減するための補助金などが含まれている。

FRBが予想通り金利の据え置きを発表した後、債券市場で国債利回りが低下したため、株価は上昇した。FRBはすでに、昨年初めにほぼゼロだった翌日物金利を、2001年以来の高水準である5.25%以上に引き上げている。

長期債利回りも急上昇しており、10年債利回りは先月5%を超え、2007年以来の高水準に達した。

10年物国債利回りは木曜日未明に4.72%となり、火曜日末の4.92%から低下した。

パウエルFRB議長は、中央銀行の主要金利が高インフレを確実に2%目標まで低下させるのに十分高いかどうか確信が持てないと述べた。これにより、FRBによる追加利上げの可能性が維持された。パウエル議長はまた、金融市場にとってステロイドのように作用する金利の引き下げは考えていないと述べた。

しかしパウエル議長は、最近の長期国債利回りの上昇と、その一因となった株価の暴落が、景気を減速させ、高インフレの燃料を奪っている可能性があることを認めた。もしそれが持続すれば、さらなる利上げを必要とすることなく、FRBがインフレに鞭打つのを助けることができるだろう。

利回りの急上昇によって、例えば30年固定住宅ローンの平均金利はすでに8%近くまで上昇している。

FRBには、過去の利上げの効果を十分に見極める時間がある。

「パウエル議長は、「時間がかかることは分かっている。

BMOウェルス・マネジメントのチーフ・インベストメント・オフィサー、馬勇宇氏によれば、パウエル議長の発言は金融市場にとって「ハト派的」だった。「ハト派的」とは、ウォール街が金利の緩和を維持する傾向をそう呼ぶもので、馬氏はFRBがこれ以上の利上げをすることはないと予想している。

ウォール街では、S&P500種株価指数は1.1%上昇の4,237.86、ダウ工業株30種平均は0.7%上昇の33,274.58となった。ナスダック総合株価指数は1.6%高の13,061.47。

高い利回りは、株式やその他の投資の価格を下落させる一方で、ほぼすべての人にとって借入をより高価なものにする。それは経済を減速させ、金融システム全体を圧迫する。

水曜日に発表されたレポートによると、9月末の米国の雇用者数はエコノミストの予想よりも若干多かった。FRBは、多くの解雇を必要とせずにインフレ圧力を軽減できる、雇用の軟化を期待している。

大手ハイテク株は、金利緩和の最大の受益者とされる他の高成長株とともに、水曜日に勝者となった。

チップメーカーのアドバンスト・マイクロ・デバイセズは、直近四半期の利益と収益が予想を上回り、9.7%上昇した。

木曜日のその他の取引では、ニューヨーク・マーカンタイル取引所の電子取引で、ベンチマークとなる米国産原油は90セント高の1バレル81.34ドル。国際標準のブレント原油は88セント高の1バレル85.51ドル。

米ドルは、150.96円から150.35円まで値を下げた。ユーロは1.0601ドルと、1.0570ドルから上昇した。

___

APビジネスライターのStan Choeが寄稿。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article