15.2 C
Tokyo
2024年 4月 12日 金曜日

ダウ・ジョーンズ・ニュースワイヤーカンタス航空会長、名誉回復のため退任へ

Must read

シドニー発-オーストラリア最大の航空会社であるカンタス航空は、顧客の間で傷ついた評判を修復するため、リチャード・ゴイダー会長と他の取締役が退任すると発表した。

カンタス航空 QAN、 +1.04% は、ゴイダー氏が2024年後半の株主総会前に引退すると述べた。取締役のジャクリーン・ヘイとマキシーン・ブレナーは、2月の半期決算で退任する。

同航空会社は、取締役会の刷新計画はグループが直面している風評問題を認識したものであると述べた。航空会社のブランドは、規制当局が顧客に対して不誠実であったと主張し、国会議員がその割高な航空運賃を批判した後、打撃を受けた。長年最高経営責任者を務めてきたアラン・ジョイス氏は最近、早々に退任した。

同航空会社は、新しい取締役が就任すれば、取締役会の平均在任期間は3年程度になり、継続性と新鮮なリーダーシップのバランスが取れるようになるとしている。カンタス航空によると、ヘイ氏とブレナー氏は約10年間取締役を務めている。

「取締役会として、我々はグループが直面している重大な評判と顧客サービスの問題を認識しており、信頼を回復するためには説明責任が必要であると認識している」とゴイダー氏は述べた。ゴイダー氏は、「取締役会レベルでの秩序ある引継ぎは、ヴァネッサ・ハドソン新最高経営責任者(CEO)の仕事をサポートするものである」と付け加えた。

カンタス航空は11月の株主総会でマイケル・レストレンジ取締役が退任すると発表していた。ハドソン氏、ダグ・パーカー氏、ヘザー・スミス氏を含む3人の新取締役と、トッド・サンプソン氏、ベリンダ・ハッチンソン氏の2人の既存取締役が株主総会で選挙に立候補すると発表した。

同航空会社は、今後数ヶ月の間に新取締役および新会長を任命するプロセスを開始したと述べた。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article