15.2 C
Tokyo
2024年 4月 12日 金曜日

今日の株式市場ウォール街は上昇し、3ヶ月連続のマイナスを和らげる

Must read

バンコク — 水曜日のアジア株は、ウォール街が上昇して今月もマイナスとなった地合いの一部を取り戻した後、ほぼ全面高となった。

投資家たちは、水曜日の連邦準備制度理事会(FRB)による金利の決定と、米国経済の状況に関する最新情報を待っている。FRBはオーバーナイト金利を据え置くとの見方が圧倒的だ。より大きな問題は、FRBがいつまでメイン金利を高く維持するかということだ。

東京の日経平均株価は、日銀が金利据え置きを発表した翌日、前日比2.1%高の31,515.94となった。 日本 は、国債利回りのコントロールを調整したものの、ほぼゼロに近い金利政策に大きな変更を加えなかった。

ドルは対円で弱含み、151.27円で取引された。中央銀行の決定後、火曜日には急騰した。

香港では、ハンセン指数が0.1%弱上昇し、17,119.12となった。上海総合指数は0.2%上昇の3,023.64。

韓国のコスピは1%高の2,300.48、S&P/ASX200は0.7%高の6,826.50。

水曜早朝の欧州先物は上昇した。燃料価格が下落し、欧州中央銀行(ECB)による急速な利上げが定着したためだ。しかし、この明るいニュースは、ユーロを使用する20カ国の7-9月期の経済生産高が0.1%減少したことを示す憂慮すべき公式発表と釣り合うものであった。

火曜日、ウォール街のS&P500種株価指数は0.6%上昇し、4,193.80となった。ダウ工業株30種平均は0.4%高の33,052.87、ナスダック総合株価指数は0.5%高の12,851.24。

S&P500種株価指数の80%以上の銘柄が上昇した。S&P500は月間2.2%の損失で10月を終えた。これは3ヶ月連続の下落で、2020年初頭にCOVID-19のパンデミックによって世界経済が凍結されて以来、最長の連敗記録となった。

ピンタレストは、直近四半期の利益がアナリストの予想を上回り、19%上昇した。アリスタ・ネットワークスは、S&P500種指数を上昇させる強力な要因のひとつで、ウォール街の予想を上回る夏の利益を報告し、14%上昇した。

ほとんどの米国大企業は、予想を上回る夏の利益を発表しており、キャタピラーもそれに加わった。しかし、重機メーカーの株価は、アナリストが受注の鈍化とディーラーでの在庫増加に注目したため、6.7%下落した。

バンズやティンバーランドなどのブランドを展開するVF社は、予想を下回る利益を計上し、14%下落した。また、配当金を70%削減し、今会計年度の売上と利益の見通しを撤回した。

債券利回りの上昇は、株式やその他の投資の価格を押し下げ、経済全体を減速させ、金融システム全体に圧力を加えるため、大きな打撃となっている。債券市場の中心である10年物国債利回りは、春の3.50%未満から最近では5%以上に急上昇し、2007年以来の高水準を記録している。

年物国債利回りは、月曜深夜の4.89%から水曜早朝には4.92%まで上昇した。

FRBはすでに、主要な翌日物金利を5.25%以上に引き上げ、2001年以来の高水準とした。FRBは、インフレと雇用市場に関するデータに基づいて今後の動きを決定すると述べている。

火曜日に発表された経済指標はまちまちだった。ひとつは、米国労働者の賃金と手当の伸びが夏の間に鈍化した、というもの。

別のレポートによれば、米国の消費者の信頼感は先月弱まったが、エコノミストの予想ほどではなかった。堅調な個人消費は景気後退を回避するのに役立っているが、インフレを助長する可能性もある。そのためFRBは、高インフレの中で労働者が賃上げを求めて争う中、賃金の伸びが強すぎることに神経質になっている。

他の取引では、米国の指標原油は10セント高の1バレル81.12ドル。火曜日には29セント安の81.02ドルだった。国際標準のブレント原油は22セント高の1バレル85.24ドル。

ユーロは1.0575ドルから1.0574ドルに下落。

___

APビジネスライターのStan Choeが寄稿。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article