14.8 C
Tokyo
2024年 4月 19日 金曜日

メーガン・マークルがチャールズ3世と交流があると王室作家が発表

Must read

ビジネス情報

王室作家のオミド・スコビーは、メーガン・マークルはすでに王室から “移動 “しているかもしれないが、アーチー王子とリリベット王女に関しては、まだチャールズ3世とコミュニケーションをとっていると語った。

同著者は、11月28日の発売を控えた自著『Endgame』の内容について、以下の独占インタビューに応じた。 ピープル.彼はサセックス夫妻と王室との関係について、次のように語った。 もはや彼らとは何もしたくない.

「本を書く)プロセスのかなり早い段階で、今回、私が本当に頼りにしていたメーガン筋の何人かはこう言った。彼女は何もしたくないんだ』ってね。

しかし彼は、ハリー王子もメーガン・マークルも国王チャールズ3世とオープンなコミュニケーションを保っていると付け加えた。

彼は言った:「ハリーの場合は、これが父親というものなのだと、消極的に受け入れている。ハリーは、父親との関係を完全に断ち切るよりも、むしろ父親との関係を自分の人生に残したいと思っているんだ。それゆえ、2人が話すときはしばしば [Harry] 手を伸ばす。”

サセックス公爵夫人については、スコビーは、彼女がまだ国王チャールズ3世と「何らかの文通をしていると知って驚いた」とも話している。アーチー王子(4歳)とリリベット王女(2歳)の写真を送ってくるのだという。直接送られてくるわけではないが、この動きから「そこには意思の疎通がある」ことがわかる。

サセックス夫妻についての本『Finding Freedom(自由を見つける)』を共同執筆した著者は、同様に、ハリー王子は「マスコミとの戦いに関しては、まだやり残したことがある」と付け加えた。

彼はこう指摘した:「ハリー王子の課題は、過去からのしがらみとは無縁の空間で働く姿を見ることができるように、そのバランスを取る何かを見つけることだろう」。

メーガン・マークルが最後に英国に滞在したのは2022年9月で、エリザベス女王2世の葬儀行事に出席し、19日に葬儀を執り行った。それ以来、彼女は帰国していない。一方、夫は今年、5月6日の父親の戴冠式、そして9月のウェルチャイルド・アワードなど、何度か渡航していた。

スコービーのインタビューは、王室特派員のヴィクトリア・ウォードがハリー王子とメーガン・マークルについて次のように語った後に行われた。 チャールズ3世の誕生日に電話した と呼ばれた。アーチー王子とリリベット王女は、祖父に「ハッピーバースデー」を歌うビデオも録画した。彼女は、この電話は和解への道を開く可能性のある「注目すべき調子の変化」を示したと述べた。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article