21.3 C
Tokyo
2024年 5月 21日 火曜日

インド鉱山労働者の危機は労働安全問題を提起する

Must read

ビジネス情報

インド北部のウッタラカンド州で日曜日から、出稼ぎの建設労働者が崩壊した高速道路のトンネル内に650フィート以上閉じ込められている。閉じ込められた40人のうち数人はめまい、発熱、嘔吐などの症状を呈し、体調を崩し始めているという。

レスキュー隊は5日目の木曜日、岩や土の破片を掘削し始めたが、進展は遅かった。当局は、ニューデリーから空輸された先進的な掘削機が、現場での救助を加速させると確信していると述べた。計画では、ドリルで穴を開け、閉じ込められた男たちが安全な場所に這い出るためのパイプを通すスペースを確保することになっている。残念ながら、結果が出るのはまだ数日先のようだ。

このトンネルは、インドのナレンドラ・モディ首相が進めるChar Dham Highwayプロジェクトの一環であり、中国との国境に位置する山岳地帯で風光明媚なウッタラーカンド州の連結性を向上させ、重要な巡礼地へのアクセスを改善するための数百万ドル規模のインフラ計画である。

その他の災害としては、中国北部山西省の石炭会社のオフィスビルで発生した大規模火災がある。少なくとも26人が死亡、38人が負傷している。

米国では、炭鉱事故による労働者の死亡が31%増加している。

2020年、カナダ人労働者がラック・デ・イレス鉱山の換気シス テムのファンにサイレンサーを取り付ける作業中に、シザーリフト作業足場から落下して重傷を負った。当時、シザーリフト足場のガードレールは取り外されていた。インパラ・カナダ社は、鉱山・採掘場規則で規定された対策と手順が職場で確実に実施されることを怠った。同社には50,000ドルの罰金が科された。

インド当局は、2018年に水没した洞窟から少年サッカーチームを救出したタイのチームに、この問題に関して彼らの経験と専門知識を提供できることを期待して接触した。

職場での出来事ではないが、洞窟に閉じ込められた少年たちのグループとして、その物語は世界中の何百万人もの人々の心を魅了した。11歳から16歳のチームメンバー12人と25歳のアシスタントコーチが、練習後に洞窟に入り、洞窟内に水があふれて何日も閉じ込められたのだ。

今回のインドの危機は、安全基準や、雇用主が労働者を可能な限り安全な環境で働かせる方法について、再び問題を提起している。問題は、雇用主はどのようにして安全を確保できるのか?また、当局はどのようにして雇用主が法律で定められた基準を守っていることを確認できるのだろうか?

鉱山労働者は、例えばオフィスワーカーに比べれば、明らかに安全でない環境で働いている。しかし一般的には、どのような分野であれ、従業員は朝出勤し、夜には安全に帰宅できることを知っていなければなりません。

特に鉱業では、企業と規制当局が協力して、鉱山労働者の安全な労働環境の改善と徹底に取り組まなければならない。企業は、潜在的な危険を特定するための定期的なリスクアセスメントの実施、鉱山労働者に対する安全手順に関する包括的な訓練の実施、高品質の安全設備への投資、健康監視システムの導入、強固な緊急時対応計画の策定、安全を優先する職場文化の醸成に重点を置くべきである。安全機器の定期的なメンテナンスとアップグレードは極めて重要である。

オフィスなどより安全な職場環境では、雇用主は安全な職場環境を確保することが法的に義務付けられている。人間工学に基づいたワークステーションは不可欠であり、調節可能な椅子、適切な位置に設置されたコンピューター画面、歪みや怪我を防ぐための適切な高さの机が必要である。

オフィスの物理的な安全性は最も重要であり、明確な通路、適切な照明、危険のないエリア、利用しやすい非常口が必要です。空気の質と換気は健康上の問題を防ぐために非常に重要であり、HVACシステムの定期的なメンテナンスと汚染物質のない環境が必要である。

メンタルヘルスとストレス管理は、雇用者の責任の一部として認識されつつある。これには、ストレス管理のためのリソースを提供すること、適正な仕事量を確保すること、前向きな職場文化を育成することなどが含まれる。

オフィスには明確な緊急手順を設け、従業員は消防訓練や避難計画の訓練を受けなければならない。人間工学、応急手当、緊急時対応などを網羅した安全衛生研修を実施すべきである。

定期的な安全衛生監査は、潜在的な危険を特定し、対処するために不可欠であり、職場は年1回または半年ごとに検査されなければならない。企業は安全衛生法や規制を遵守し、雇用主は心理的安全を育成しなければならない。

鉱山であれオフィスであれ、雇用主は従業員が安全に働ける環境を確保する責任を等しく負っている。時には、彼らの命がかかっていることもある。

ビジネス情報 ダニエル・エリオット ダニエル・エリオット

ダニエルはビジネスコンサルタント兼アナリストで、英国と米国の政府機関での勤務経験がある。自由時間には、International Business Times UKに定期的に寄稿している。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article