21.3 C
Tokyo
2024年 5月 21日 火曜日

本日の株式市場:アジア株はウォール街の下落に追随、日本は9月の輸出が増加したと発表

Must read

バンコク — 木曜日のアジア市場では、米大企業のさまざまな利益報告を受けてウォール街が後退したのに続いて株価が急落し、国債利回りが株高圧力を強めた。

中東での戦争に対する懸念も市場の足を引っ張っている。

香港、東京、ソウルのベンチマークは約2%の下落。

日本の9月の輸出は、自動車出荷の急増によりプラスに転じた。

9月の輸出は4.3%増、輸入は16.3%減となり、貿易収支は62兆4000億円の黒字となった。米国向け輸出は13%増加したが、その他のアジア向け輸出は4.3%減少した。

輸入は、10月7日の過激派組織ハマスによるイスラエルへの奇襲攻撃後の戦闘開始で再び急増する前に、原油価格が一時的に緩やかになったため減少した。

東京の日経平均株価は2%安の31,418.01、ソウルのコスピは1.8%安の2,417.70。

香港のハンセン指数は2%安の17,379.66、上海総合指数は1%安の3,021.55。オーストラリアのS&P/ASX200は1.7%安の6,955.50。

インドのSENSEXは0.7%安、バンコクのSETは0.8%安。

「国債利回りの急上昇、中東の地政学的緊張の長期化、原油価格の高騰が、当面のリスクテイク意欲を減退させているようだ」と、IGのイープ・ジュン・ロン氏はリポートで述べた。

世界経済にとって大きな脅威は、原油価格がインフレに与える影響だ。ガザ地区の病院で起きた爆発事故を受け、原油価格は水曜日に急騰した。

木曜日未明、ニューヨーク・マーカンタイル取引所の電子取引で、米国の指標原油は32セント安の1バレル86.95ドルだった。水曜日には1.83ドル高の87.27ドルだった。

国際的な価格基準であるブレント原油は、50セント安の1バレル91.00ドル。水曜日には1.60ドル上昇した。

水曜日、S&P500種株価指数は1.3%安の4,314.60。ダウ平均は1%安の33,665.08、ナスダックは1.6%安の13,314.30。

テスラは、価格引き下げが好調な販売増に貢献したものの、利益率が悪化したため、第3四半期の純利益が低迷したと発表し、株価は時間外取引で4.2%下落した。

ネットフリックスの株価は、アナリストの予測を上回る夏場の加入者増を発表した後、時間外取引で12.8%急騰した。これは、動画ストリーミング・サービスのパスワード共有取り締まりが、フリーローダーを有料顧客に変えていることを示している。

ユナイテッド航空は、燃料価格の高騰とテルアビブ便の運休が経営に打撃を与えると述べ、9.7%下落した。今年最終四半期の利益予想はアナリストの予想を大きく下回った。

アメリカン航空は4.9%減、デルタ航空は4.4%減となった。

モルガン・スタンレーは、投資家が同社のウェルス・マネジメント事業の予想を下回る結果に注目したため、6.8%下落した。

勝ち組は、チャーミン、ファブリーズ、オーラルBなどのブランドを持つ巨大企業、プロクター・アンド・ギャンブルだった。値上げ後の増収で、最新四半期の利益が予想を上回り、2.6%上昇した。

今夏の決算発表シーズンはまだ始まったばかりだが、S&P500種構成企業の1株当たり利益は前期、1年ぶりに増加したとの予想が大勢を占めている。

年物国債利回りは、世界金融危機直前の2007年以来初めて4.火曜日遅くには4.84%で、春には3.50%以下だった。

利回りの急上昇は、8月に中国の投資家が過去4年間で最も多くの米国債と株式を売却したという財務省の報告書に続くものだった。

利回りは、米連邦準備制度理事会(FRB)が主要金利を2001年以来の高水準に引き上げた後も、米国経済が目覚ましい回復力を維持していることから上昇している。金利と利回りの高さは、株式やその他の投資の価格に打撃を与える。

木曜日早朝の他の取引では、ドルは149.80まで下落した。 日本円の149.93円から。ユーロは横ばいの1.0536ドル。

木曜日早朝、金は10.80ドル安の1オンス=1957.50ドルとなった。前日には、投資家がより安全なものを探していたため、32.60ドル上昇し、1オンスあたり1968.30ドルで取引を終えた。

___

APビジネスライターのStan ChoeとMatt Ottが寄稿。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article