15.2 C
Tokyo
2024年 4月 12日 金曜日

中国のゴールデンウィーク後、太陽電池価格は過去最低を更新する見込み

Must read

毎週更新される pvマガジンダウ・ジョーンズ傘下のOPISが、世界のPV業界の主な価格動向について解説している。

太陽電池価格は、中国のゴールデンウィーク期間中の活動が制限されたため、今週は下落が止まり、3週連続の下落を阻止した。OPISのデータによると、今週の価格は過去最低水準で一時的に安定した。Mono M10とG12セルの価格はそれぞれ0.0814ドル/Wと0.0836ドル/Wで変わらず、今週のTOPcon M10セル価格も同様に0.0856ドル/Wにとどまった。

業界筋の大半は、連休明けにはセル価格が過去最低を更新することが予想されるとしている。ある売り手筋は、P型M10セルの価格は連休明けに0.61人民元(0.085ドル)/W程度まで下落する一方、TOPCon M10セルの価格はP型M10セルより0.05人民元(0.0069ドル)/Wのプレミアムが付く状態が続くと予測している。

p型M10セルとn型M10セルの価格差は、2番目の売り手筋によって確認されており、その売り手筋は、連休後、p型M10セルは約0.63人民元(0.088ドル)/Wまで下落する可能性がある一方、TOPCon M10セルは0.68人民元(0.094ドル)/Wまで下落するだろうと予測している。

ある市場関係者によると、セルメーカーは現在約10~15%の利益率を維持しているという。そのため、この関係者は、連休明けのセル価格はまだ下がる余地があると予想している。

人気コンテンツ

インサイダーは、セル価格の下落を予想しているが、その主な原因は、一部のモジュール・メーカーが生産を縮小しているため、川下のモジュール・メーカーからのセル需要が減少しているためである。加えて、モジュール価格も深刻な供給過剰により弱気になっており、その結果、セル価格は川下の悲観論に影響されることは避けられないだろう。

一方、ある総合メーカーの関係者は、連休後もセル価格が下がり続けるという予測に懐疑的な見方を示した。「結局のところ、セル価格はこの3週間ですでに約14%下落しており、これはかなりの額である。

ポリシリコンの価格は、連休明けのセル価格の下落を決定する重要な役割を担っている、と専門セルメーカーの関係者は結論づけた。現在のところ、ウエハーとセルの価格が下がる余地はあまりない。より大幅な値下げは、ポリシリコン価格の下落によってウェハーとセルの値下げ余地が空くまで待つ必要がある、と同筋は付け加えた。

ダウ・ジョーンズ傘下のOPISは、ガソリン、ディーゼル、ジェット燃料、LPG/NGL、石炭、金属、化学品、再生可能燃料、環境商品に関するエネルギー価格、ニュース、データ、分析を提供している。2022年にシンガポール・ソーラー・エクスチェンジから価格データ資産を取得し、現在は OPIS APACソーラー週報.

本記事で述べられている見解および意見は、筆者個人のものであり、必ずしも以下の見解を反映するものではありません。 PVマガジン.

このコンテンツは著作権により保護されており、再利用することはできません。私たちと協力し、私たちのコンテンツの一部を再利用したい場合は、ご連絡ください: editors@pv-magazine.com.

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article