15.2 C
Tokyo
2024年 4月 12日 金曜日

香港ランド、オフィス不振が続くMapletreeのスミス最高経営責任者を指名

Must read

テクノロジー

テクノロジー マイケル・スミス 香港ランド

ゴールドマン・サックス証券に11年近く勤務した後、Mapletreeに入社したマイケル・スミス氏【写真:Getty Images

香港のセントラル地区最大の地主は2年連続の減益に向かい、エクスチェンジ・スクエアとジャーディン・ハウスのオーナーは2024年に新しいリーダーを迎える予定だという。 火曜日に発表された.

香港ランドは、コングロマリットであるジャーディン・マセソン傘下のメープルツリー・インベストメンツのマイケル・スミスを2024年4月1日付の新最高経営責任者に指名した。 2週間も前に 2023年の基礎利益は、2022年の株主帰属基礎利益7億7,600万ドルを下回ると予想している。この減益は、ロンドン上場のデベロッパーにとって2年連続の減益を意味する。

現在、シンガポールのテマセク・ホールディングスの不動産投資ユニットで欧州・米国地域最高経営責任者を務めるスミス氏は、2016年に最高経営責任者兼執行役員として香港ランドの取締役会に加わり、38年間の在任を終えて退任するロバート・ウォン氏の後任となる。

「マイケルは、不動産投資と資本配分において実績のある人物です。香港ランドの卓越した能力、評判、ポートフォリオを土台に、マイケルが当社の事業を発展させ、優良な商業施設、小売店、複合施設の投資、管理、開発を継続することを保証すると同時に、中国やその他の主要アジア市場での長期的な持続可能な成長に向けてグループを位置づけてくれると確信しています」と付け加えた。

銀行業務の背景

LinkedInのプロフィールによると、スミスは現在シンガポールを拠点としているが、新しい職務のために香港に移転する予定で、香港ランドはMapletreeの米国と欧州事業を同社の運用資産の3分の1以上にまで成長させた経験を重要な資格として挙げている。

テクノロジー エクスチェンジ・スクエア・セントラル

香港ランド、今年セントラルのオフィス・ポートフォリオが苦戦

同社はまた、スミスが物流、データセンター、ビジネスパーク、学生寮など様々な不動産に投資する一方、資産を公共車両や自家用車に収益化する責任者であったとも述べている。

LinkedInのプロフィールによると、スミスは2017年にMapletreeに入社する前、2006年から2016年までシンガポールのゴールドマン・サックスでパートナーを務め、東南アジアの投資銀行部門の責任者としてアジア太平洋地域の不動産投資銀行業務を統括しました。

南オーストラリア大学を卒業した彼は、UBSにも10年間在籍していた。

ウォン氏は来年3月31日をもって退任し、引き続き同社のシニア・アドバイザーとしてリーダーシップの移行を支援するとのこと。

「ロバートは1990年代初頭から香港ランドの中国本土戦略の開発と実行に貢献してきた。「過去7年間最高経営責任者として、ロバートは香港におけるグループのセントラル・ポートフォリオを強化し、香港の中心部における傑出したオフィス、高級小売店、レストラン、ホテルの目的地であり続けることを保証した。

ケズウィック氏はまた、上海の西外灘地区の複合開発プロジェクトに対する香港ランドの33億ドルの投資の重要性を強調した。香港で最も古い商社のひとつを支える支配者一族の末裔は、”中国本土への戦略的投資は、香港ランドの次の成長段階と価値創造に不可欠である “と述べた。

香港ポートフォリオ苦戦

7月31日 香港ランドが発表 2023年上半期に3億3,300万ドルの親会社株主に帰属する損失を被ったと発表した。

11月9日の声明によると、同社事業の継続的な減少は、セントラルのオフィス物件の業績悪化によるもので、9月30日時点のコミットメントベースの空室率は6.8%に上昇し、6月末時点の6.2%から上昇した。2022年6月30日時点のセントラル・ポートフォリオの空室率は、コミットメントベースで5.1%だった。

今年6月30日現在、香港ランドのセントラルオフィス物件の賃料は平均で1平方フィート当たり107香港ドル/月で、2022年末の111香港ドル/平方フィートから下落している。香港ランドは今月初めに発表した声明の中で、セントラルビルの新規テナント契約のリース料は前契約よりも引き続き低く、同社はこれを市況のせいだとしている。

「金利の上昇と香港の資本市場の低迷がオフィス需要にマイナスの影響を与えたため、賃貸料の戻りは引き続きマイナスで、リース活動は上半期に比べてさらに軟化した」と香港ランドは声明で述べた。

セントラルの商業施設やシンガポールのオフィスでは賃料が上昇し、稼働率が回復しているため、投資用不動産からの収益は前年同期並みとなったが、香港ランドの業績は、開発プロジェクトの売上減少や資金調達コストの上昇にも足を引っ張られた。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article