18.2 C
Tokyo
2024年 4月 12日 金曜日

元グーグルのプロジェクトCSquared、2500万ドルの資金調達でアフリカの接続を目指す

Must read

テクノロジー

CSquared社のCEOであるLanre Kolade氏が、2500万ドルの資金調達後、アフリカの接続性を促進する同社の野心についてTechCabalに語っている。

CSquared社としてスタートした汎アフリカの技術インフラ企業である。 グーグル は、2500万ドルの資本注入を発表した。今回の資本注入は、Convergence Partners Digital Infrastructure Fund (CPDIF)、International Finance Corporation (IFC)、International Development Association (IDA)のPrivate Sector Window Blended Finance Facilityによって行われた。新たな資金調達により、CPDIFはグーグルのCSquaredへの出資を引き受ける。

2011年にグーグル内のプロジェクトとして発足したCSquared社は、オープンアクセス・ブロードバンド・インフラを構築し、地域のインターネット・サービス・プロバイダー(ISP)やモバイル・ネットワーク・オペレーター(MNO)が利用できるようにしている。同社は現在、アフリカ大陸の6つの市場に進出している:ウガンダ、ガーナ、リベリア、ケニア、コンゴ民主共和国、トーゴである。

によると 研究 アフリカ開発銀行の調査によると、アフリカのインフラ開発には年間1350億ドルの資金が必要であると推定されている。つまり、この額に達するまで、アフリカは依然としてインフラ格差に直面し、デジタル開発の成長を遅らせることになる。

CSquaredのCEOであるLanre Kolade氏は、TechCabalのインタビューに応じ、今回の資金調達が同社の汎アフリカ的な野心にどのように貢献するかについて語った。このインタビュー*の中で、コラデCEOは、汎アフリカ・インフラ開発というCSquared社の使命、アフリカ大陸の多種多様な規制をどのように乗り越えていく計画か、新しい所有形態がその使命にどのように貢献するかについて概説している。

TechCabal:CSquaredと同社のミッションについて教えてください。

ランレ・コラデ 同社は2011年にグーグル社内のプロジェクトとしてスタートし、2017年にグーグルが他の株主3社を引き入れたことでCSquaredに変身した:コンバージェンス・パートナーズ、三井物産、IFCです。私たちは、ブロードバンドネットワークの展開を可能にするオープンアクセスのデジタルインフラを構築しています。これらのネットワークは、主にISP、モバイルネットワーク事業者、および当社のフットプリント内で有効なライセンスを持つすべての人である複数の顧客によって共有される。

ブロードバンド対応インフラというのは、単なる目安です。また、ワイヤレス・インフラ・ネットワークも構築していますし、エッジ・データセンターの建設計画もあります。つまり、大陸でのブロードバンド普及を可能にするものすべてに私たちは取り組んでいるのです。例えばウガンダでは、ISPがアクセスできるオープンアクセスWi-Fiネットワークがあり、ISPは自社でネットワークを構築する必要がありません。私たちの使命は、デジタルでつながったアフリカを構築することです。

CSquaredは2500万ドルのエクイティファイナンスを受けたばかりです。これは会社のミッションにどのように貢献するのでしょうか?

LK: この株式投資は、既存市場でのビジョンの実行を加速させるとともに、新規市場への参入にも役立ちます。重要なことは、アフリカは非常に広大な大陸であり、インフラの不足が大きいということです。ですから、CSquaredへの今回の投資は、1億2,000万ドルを調達するという大きな目標の一部です。2,500万ドルは、現在のエクイティ・パートナーがこのプロジェクトを信頼していることの確認だと考えています。

同社は現在6つの市場に進出していますが、そのほとんどは「プレ新興市場」と呼ばれるものです。これは意図的な戦略ですか?また、ナイジェリア、エジプト、南アフリカなど、より大きな市場を追求する計画はありますか?

LK: CSquaredのプレイブックは、実は大陸全体です。現在私たちが選んでいる市場は、インフラが不足していると感じたからです。ウガンダからスタートし、ガーナ、リベリア、トーゴ、コンゴ民主共和国に行きました。つまり、私たちは市場の規模だけでなく、顧客に即座に付加価値を提供できるかどうかという点でも市場を選んでいるのです。エジプトや南アフリカのような例の市場を見れば、私たちの影響はむしろ資産の統合になるでしょう。

ナイジェリアでは、すでにM&Aの機会がいくつか見つかっています。また、エジプトや南アフリカでは、地方を結ぶ長距離接続を促進するため、電力会社とのシナジーを模索しています。繰り返しになりますが、私たちの計画はアフリカ全域に及びますが、資本には限りがあるため、計画的かつ戦略的に事業を拡大していく必要があります。まずは現在参入している市場を固め、リーチを拡大し、次にインフラが非常に不足している市場に行ってインパクトを与えるという計画です。

アフリカ全域への拡大には、さまざまな規制要件の遵守も伴います。アフリカ大陸全域で事業を拡大する際、どのようにこれを達成するつもりですか?

LK: 経験から言えることは、規制当局や政策立案者の多くは、地元にこのインフラを構築しなければ、アフリカはデジタルによって植民地化されてしまうという事実を理解しているということです。アフリカの人々は遅れをとっており、飛躍する唯一の方法はインフラを利用できるようにすることだということを理解しているのです。このような市場の中には、ホールセール・オープンアクセスをサポートする規制さえないところもあります。そこで私たちは、このような枠組みを構築するためのキャパシティ・ビルディングに協力しています。

商業的・経済的に投資が実行不可能なため、事業者と提携するケースもあります。リベリアのように、USAIDと提携して助成金を獲得し、その取引を成功に導きました。覚えておいてほしいのは、持続可能でないインフラは、ただの白い象のようなプロジェクトになってしまうということだ。持続可能であり、経済的・社会的インパクトという形で付加価値を生むものでなければなりません。つまり、このインフラの必要性を説明し、なぜそれが競争や社会サービスへの参入障壁を減らすのかを説明すればよいのですから。

規模拡大のロードマップについて、どの市場に照準を合わせているのか、もう少し詳しく教えてください。

LK: 私たちは、既存の市場での統合を進めていきます。コンゴ民主共和国は、2年ほど前にライセンスを取得して参入した市場で、キンシャサにインフラを配備しました。コンゴ民主共和国は2年ほど前にライセンスを取得して参入した市場で、キンシャサにインフラを配備しました。たとえば、海底ケーブルを介さずにガンビアのどこかと接続できるようにするなどです。このような野望を抱いています。

また、オープンアクセス・ライセンスをどのように取得できるか、規制当局とも常に交渉しています。そのため、市場が成長し、私たちが機会を評価するにつれて、私たちはその機会を倍増させていきます。2,500万ドルという金額は、私たちの野心からすれば決して大金ではありません。だからこそ、市場拡大のアプローチ方法について戦術的である必要があるのです。

あなたのミッションにおいて、パートナーはどの程度重要ですか?

LK: コンバージェンス・パートナーズのような当社の株主は、新たな投資機会を開発し、ICT資産全体で投資家に付加価値を提供してきた実績があります。彼らはアフリカにおける正しい知識と投資経験をもたらしてくれます。IFCや、私たちが助成金を得ている開発組織のようなパートナーは、今後もアフリカをつなぐという私たちのビジョンに大きく貢献してくれるでしょう。

最後に一言お願いします。

LK 大陸でデジタルトランスフォーメーションが進まない限り、農村から都市への移動はずっと続くでしょう。このような動きが多いのは、村にインフラがないからです。私たちには優秀な人材がいるので、都市や村に関係なく自分を表現するプラットフォームを与えればいいだけであり、必要なインフラを構築することでそれが容易になる。

* 編集部注:このインタビューは長さと明瞭さのために編集されています。

テクノロジー 最高のアフリカの技術ニュースレターを受信する

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article