15.2 C
Tokyo
2024年 4月 12日 金曜日

欧州中央銀行(ECB)総裁の発言を見極めようとするトレーダーにより欧州株は下落

Must read

アメリカ

アメリカ 11月の欧州株上昇、ECB高官の発言で失速© Reuters.ドイツ・フランクフルトの証券取引所で撮影されたドイツの株価指数DAXのグラフ(2023年11月21日)。ロイター/スタッフ/写真

スルティ・シャンカル 記

(日 ロイター] – 欧州中央銀行(ECB)政策委員の最新発言で来年の利下げ観測が後退したことを受け、欧州株は2日続落し、11月の大幅続伸が失速した。

汎欧州指数は0.5%下落し、ノボ・ノルディスク(NYSE:)やLVMHといった市場の重鎮は2%以上下落した。

ベンチマークは、米連邦準備制度理事会(FRB)や欧州中央銀行(ECB)を含む主要中央銀行が利上げを終了し、来年から緩和政策を開始する可能性があるとの期待から、1月以来の月間最高値を更新した。

ブンデスバンクのヨアヒム・ナーゲル総裁は24日、インフレ見通しが悪化すればECBは再び利上げを行う必要があるかもしれないとし、過去最大の急ピッチでの利上げを行ったECBは政策緩和を急ぐべきでないと述べた。

ECBのラガルド総裁は月曜日、物価上昇を抑えるためのECBの戦いはまだ終わっていないと述べた。

「今週の中央銀行政策担当者のスピーチは、利下げが遅かれ早かれやってくるかもしれないという熱狂を抑えることを目的としている」と、ハーグリーブス・ランズダウンのマネー&マーケット部門責任者、スザンナ・ストリーター氏は指摘する。

「FRBのジェローム・パウエル議長も、金曜日に講演する際、同じ曲目を歌う可能性が高い。

投資家は今週、木曜日に発表されるユーロ圏のインフレ率や、FRBが好んで使用するインフレ指標である米個人消費支出指数など、多くの経済データに注目し、金融政策の行方を探る。

トレーダーは現在、ECBが4月に初めて25bpsの利下げを実施する確率を45%としており、2週間前の約90%から低下している。

一方、調査によると、ドイツの消費者心理はクリスマス月に向けてやや改善したものの、欧州最大の経済圏で持続的な回復の兆しは見られず、非常に低い水準にとどまっている。

ベルギーの製薬会社アルジェンクスは、出血性疾患治療薬の先行研究が主要および副次的評価項目を満たせなかったため、14.5%急落しSTOXX600の最下位となった。

モルガン・スタンレーがスイスの銀行を「イコールウェイト」から「アンダーウェイト」に格下げしたため、ジュリアス・ベアは2.5%下落した。

ユービーアイソフトは、フランスのビデオゲーム制作会社が転換社債または株式交換社債の発行を発表し、8.7%下落した。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article