15.2 C
Tokyo
2024年 4月 12日 金曜日

今日の株式市場中国、前四半期の成長率鈍化を受け、世界市場は下落に転じる

Must read

記事の著者

AP通信

AP通信

ジモ・ジョン

2023年10月18日発行最終更新日:2023年10月20日3分で読める

FILE - 2022年3月16日水曜日、ニューヨーク証券取引所のロゴ。
FILE – ニューヨーク証券取引所のロゴが、2022年3月16日水曜日、フロアの取引ポストを飾る。 写真:リチャード・ドリュー /関連プレス

香港(AP)-2007年以来初めて米10年債利回りが5%になるとの観測がウォール街の圧力となり、アジア株は金曜日に下落した。

米国エネルギー省が木曜日、戦略石油備蓄(SPR)の原油購入意向を2回に分けて発表したことで、原油価格が上昇する一方で、米国先物は下落した。これらの申し出は600万バレルで、今年12月から2024年1月までに引き渡される予定。バイデン政権が前回このような購入意向を発表したのは7月だった。

フィナンシャル・ポスト

このコンテンツは購読者専用です

今すぐ購読して、あなたの街とカナダ全土の最新ニュースを読もう。

  • バーバラ・シェクター、ジョー・オコナー、ガブリエル・フリードマン、ビクトリア・ウェルズ他による独占記事。
  • 世界有数のグローバル・ビジネス誌「フィナンシャル・タイムズ」のデイリーコンテンツ。
  • 1つのアカウントで、Financial Post、National Post、およびカナダ全土の15のニュースサイトの記事を無制限にオンラインで読むことができます。
  • National Post ePaper、印刷版の電子版で、どのデバイスでも閲覧、共有、コメントが可能。
  • ニューヨーク・タイムズ・クロスワードを含む日替わりパズル。

購読して他の記事をアンロックする

今すぐ購読して、あなたの街とカナダ全土の最新ニュースを読もう。

  • バーバラ・シェクター、ジョー・オコナー、ガブリエル・フリードマン、ビクトリア・ウェルズ他による独占記事。
  • 世界有数のグローバル・ビジネス誌「フィナンシャル・タイムズ」のデイリーコンテンツ。
  • 1つのアカウントで、Financial Post、National Post、およびカナダ全土の15のニュースサイトの記事に無制限にオンラインでアクセスできます。
  • National Post ePaper、印刷版の電子版で、どのデバイスでも閲覧、共有、コメントが可能。
  • ニューヨーク・タイムズ・クロスワードを含むデイリーパズル。

他の記事のロックを解除するには登録する

アカウントを作成するか、サインインしてください。

  • 1つのアカウントでカナダ全土の記事にアクセス
  • あなたの考えを共有し、コメントで会話に参加してください。
  • 毎月追加記事をお楽しみください。
  • お気に入りの著者からの最新情報をメールで受け取る

記事内容

記事内容

東京の日経平均株価は、政府が発表した9月の消費者インフレ率が予想を上回ったことを受け、0.5%安の31,266.84となった。変動の激しい生鮮食品価格を除いたコア・インフレ率は、9月に前年同月比で2.8%上昇した。

コアCPIインフレ率が3%を下回ったのは13ヵ月ぶり。しかし、生鮮食品と燃料価格の両方を除いたインフレ率は4.2%で、今年初めに記録した40年来のピークである4.3%にまだ近い。

中国は金曜日、基準貸出金利を据え置くと発表した。 プライムレート は3.45%に据え置き、5年物LPRは4.20%と市場予想に沿った水準となった。

香港のハンセンは0.4%安の17,236.04、上海総合指数は0.3%安の2,995.23。

ソウルのコスピは1.5%安の2,380.62。オーストラリアのS&P/ASX200は1.3%安の6,893.60。インドのSENSEXは0.4%安、バンコクのSETは0.3%安。

木曜日、S&P500種株価指数は、テスラや他の有力企業の利益報告がまちまちだったことを受け、0.8%下落の4,278.00となった。ダウ工業株30種平均は0.7%安の33,414.17、ナスダック総合株価指数は1%安の13,186.18。

登録することにより、ポストメディア・ネットワーク社から上記のニュースレターを受け取ることに同意したことになります。

記事内容

記事内容

夏以降、債券利回りの急上昇がウォール街を圧迫している。10年物国債利回りは4.99%に達し、水曜日の4.91%から上昇した後、4.98%まで上昇幅を縮小した。10年物国債利回りは金融界の基準として、あらゆる投資や融資の価格決定に役立っている。

10年債利回りは、春に3.50%未満だったところから急上昇している。

パウエルFRB議長は木曜日の講演で、米国の経済成長が好調を維持するようであれば、FRBは再び利上げを行う可能性があると述べた。FRBが利上げに踏み切るのは、企業や消費者が支出を抑えることでインフレ率が低下することを期待してのことだ。10年物利回りが上昇すれば、住宅ローンが割高になり、投資価格が下落し、企業の借り入れや成長にコストがかかる。

木曜日に発表されたレポートによると、金利が大幅に上昇しているにもかかわらず、米国の雇用市場は極めて堅調である。先週、失業手当を申請した労働者は予想より少なく、これは全米で解雇が少なかったことを示している。

しかし、別のレポートによると、中部大西洋岸地域の製造業はエコノミストの予想以上に弱体化している。また、エコノミストの予想ほどではないが、中古住宅販売件数が先月減少したとの報告もある。

記事内容

利回りの高騰はあらゆる銘柄に打撃を与えるが、遠い将来の大きな成長への期待から買われた銘柄や、非常に割高と見られる銘柄には特に大きな打撃を与える。そのため、最近は大手ハイテク企業にスポットライトが当たることが多い。

テスラは、アナリストの予想を下回る夏の決算を発表し、9.3%下落した。テスラは販売を促進するために値下げを行っているが、それは収益性にも影響している。

反対に16.1%上昇したのはネットフリックス。最新四半期の利益がアナリストの予想を上回り、収益を増やすために会員レベルの一部を値上げすると発表した。

全体として、アナリストはS&P500指数全体の企業が、夏の一株当たり利益が前年同期比でわずかに伸びると予想している。もしそうなれば、1年ぶりの伸びとなる。

ニューヨーク・マーカンタイル取引所の電子取引では、ベンチマークである米国産原油1バレルが96セント高の89.33ドルとなった。木曜日の終値は1.05ドル高の89.37ドルだった。国際標準のブレント原油は81セント高の93.19ドルだった。

為替取引では、米ドルは149.78円から149.86円へと小幅上昇した。ユーロは1.0576ドルと、1.0579ドルからほとんど変化しなかった。

記事内容

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article