9.7 C
Tokyo
2024年 2月 27日 火曜日

ウクライナ戦争中の青春

Must read

ウクライナ戦争


スペイン語で読む

若い成人期は、しばしば視野が広がる時期である。友達を作る。冒険をする。仕事、勉強、恋愛への自立した最初の一歩。しかし、多くのウクライナの若者にとって、ロシアとの戦争はその現実を根底から覆し、危険と死、憂鬱と離散に置き換えた。

これらの写真とインタビューでは、ウクライナの首都キエフとその近郊に住む6人の若者たちが、紛争時に若者としての経験をすることの重圧を探っている。何人かは戦争の犠牲を間近で見て、痛切に感じている。また、自分たちの日常はほとんど平凡だと言う者もいる。しかし、大人としての形成期であるはずの時期を、戦争が深く変えてしまったという点では、全員が同意している。


クレジット…

“24時間365日子供と一緒にいて、全てを管理しなければならない。とても疲れました。勝利を夢見ている。

マリーナ・ボドナール(24

マリナ・ボドナルはウクライナ南部の都市マリウポリで育った。スリルや冒険を求めて思春期を過ごした向こう見ずな少女だった。彼女は出会い系サイトでヴィタリックと知り合い、恋に落ちた。その後、2人の子供が生まれた。

マリーナとヴィタリクは結婚するつもりだったが、とても年をとってからにした。「その必要はないと思っていました。「彼は父親でした。私は母親でした。私たちは快適でした」。彼らの優先事項は、子供たちを育て、家を建て、世界を見ることだった。

しかし、ヴィタリクは兵士だった。ロシア軍がクリミアを併合し、東部の領土を掌握した2014年、彼は軍隊に入隊した。ロシアが2022年2月に再び侵攻したとき、ヴィタリクはマリウポリに配備された。マリウポルでの戦いが始まって1カ月後、ヴィタリクはそこで亡くなり、夫妻の夢は打ち砕かれた。また、マリーナは現在3歳のマトヴィと2歳のゲンナディを一人で育てることになった。

画像

ウクライナ戦争 上から時計回りに:寝室で遊ぶ子供たち(2人の金髪の幼児の男の子)の後ろに立つ若い金髪の女性、キャンドルを作る同じ女性、女性の子供たちと亡くなった夫のモンタージュ写真。

彼女はヴィタリクの故郷チェルニヒフのアパートで子供たちと暮らしている、 キエフから80マイルほど北東にある。そこで子供たちは祖父母の近くにいて、彼女はキャンドルを売る店を営んでいる。

彼女の感情は悲しみと、いつか明るい未来が訪れるかもしれないという信仰の間で揺れ動く。「強いとは感じないわ。「でも、続ける強さを探しています」。


クレジット…

“私の若さと気楽さの一部が盗まれた”

エミリア・デヴォー、18歳

エミリアとデニスはキエフの誕生日パーティーで出会った。二人の間に芽生えたのは、初めての真剣な交際であり、興奮と可能性に満ちた時間だった。その後、爆弾が落ち始め、すべてが変わった。

戦争が始まって数週間、モスクワの軍隊がキエフに進攻すると、何百万人ものウクライナ人が逃げ出した。エミリアは家族と一緒にオランダに逃れ、そこで勉強を続けるつもりだった。しかし、成人男性であったデニスはウクライナから出ることを禁じられていた。「私はすべてを捨てなければなりませんでした。「私の愛も、友人も

その別離は衝撃的だった。デニスがいなくて寂しかった彼女は、新しい生活に完全に身を投じることができないことに気づいた。そのため、出発から4ヵ月後に彼女はキエフに戻った。そして今、彼女はデニスとともに古巣で生活を築いている。音楽と作曲はふたりの新しい生活の大きな部分を占め、彼女の勉強と彼の仕事の隙間を埋めている。「シンプルなことを楽しむようになったの」と彼女は言った。

しかし、戦争の存在は容赦なく、彼らは予想以上に早く大人の責任を受け入れることを余儀なくされた。彼女は、最初は戻るのが怖かったと認めるが、自立を受け入れるようになった。「青春の一部と気楽さが奪われた。「そのすべてを処理する時間がなかった。

クレジット…

“私は、主に私たちのために、信念と強さを失わない若者のために、この戦争に限界点が来ると強く信じている。”

カテリーナ・プレチストワ、25歳

年以上、カテリーナ・プレキストワの人生は不在によって規定されていた。

ウクライナのアゾフ大隊はマリウポルの防衛を指揮し、彼女の夫であるオレフ・クリセンコはその戦闘員の一人だった。5月、破壊された都市をめぐる戦いの最終段階で、ロシア軍はアゾフスタル製鉄所の地下壕に閉じ込められたウクライナ人戦闘員を包囲した。包囲が終わると、オレをはじめとする数百人の兵士たちは捕虜として降伏を余儀なくされた。

彼らの捕虜生活は国際的な大義名分となった。カテリーナは「アゾフスタルを守る家族の会」の一員として、彼らの釈放を求める運動を展開した。不幸中の友』という概念を理解するようになりました」と彼女は言う。同時に、彼女は何カ月もの不安と闘い、不安と抑うつに陥った。

そして5月のある日、彼女は軍から電話を受けた。オレが捕虜交換で釈放されるというのだ。翌日、彼は彼女の人生に戻ってきた。

彼女は彼が誰だかわからなくなることを恐れていた。彼は他の囚人たちと一緒にバスに乗ってやってきたが、拘置所で受けた虐待のせいで、やつれて傷だらけだった。しかし、彼は家にいた。

彼らは元の生活に戻ろうとした。しかし、感情的、肉体的、精神的な困難が、どう反応し、どう振る舞い、どう生きていけばいいのか、ふたりをときどき苦しくさせる。夫が行方不明になっていた数ヶ月間、カテリーナの理学療法士としての仕事は慰めであり、命綱だった。彼女は今でもそれに頼っている。”人々を癒すことは、どういうわけか私自身を癒す助けになるのです “と彼女は言った。


クレジット…

「昨年の苦い経験から、自暴自棄になっている。

ルスラン・クシュカ(23

ルスラン・クシュカは、まだ夢が可能だと感じていた頃、チェコ共和国で化学を学ぶことを心に決めていた。それは一風変わった野望だったが、突飛なものではなかった。それを実現するために、彼は学校で一生懸命勉強した。チェコ語の勉強も始めた。そしてついに、プラハの大学への入学許可を勝ち取った。

その場所を受け入れることは今となっては不可能だ。国家非常事態のさなか、留学の機会を失うことは何とかなるように思えるかもしれないし、彼と同年代の男性が何千人も死んでいくなかで、文句を言うことでもないだろう。

しかしルスランにとって、破れた夢は単なる抽象的なものではなかった。彼自身の夢だった。失意と義務の狭間に置かれた今、彼は憂鬱と闘い、混乱と無気力と闘っている。

この春、彼は薬局で働き始めた。顕微鏡を買うためにお金を貯め始め、週3回ジムで汗を流した。「前に進まなければならないんだ。

ヶ月後、チェコ共和国は夢のままだった。彼の精神的な健康との闘いは続いた。彼の反省は辛辣なものになった。老人は戦争を始めるが、若者は苦しむ」と彼は言った。


クレジット…

“私にはいつも内なる強さがあった。私は断固とした人間なのです”

オレクサンドル’テレン’ブドコ、27歳

10代の頃、オレクサンドル・ブドコは歴史上の英雄的なウクライナの戦士たちの物語を読んだ。その物語は彼の愛国心を煽り、戦場で国のために尽くしたいと思わせた。昨年のロシア侵攻の初日、テレンとして知られるオレクサンドルは軍隊に入隊した。初期訓練を受け、キエフ防衛に従事した後、彼は北東部ハリコフ地方の領土奪還作戦に参加することになった。

彼は夢に向かって生きていた。砲弾が彼の近くに着弾し、下肢を切断したとき、すべてが一瞬にして変わった。「曖昧な感情だった。「この痛み、パニック、恐怖。そして同時に、どうしてそうなったのかを誤解していた。脳がそれを信じようとしないんだ。

病院やリハビリセンターでの長い生活を経て、彼は今、適応しつつある。「自分の状況を障害としてではなく、機会として考えるようになりました。

彼はウェイトリフティングを含むスポーツへの情熱を持ち続け、9月にはウクライナ代表としてインビクタス・ゲームに参加した。しかし彼はまた、『Story of a Stubborn Man(頑固な男の物語)』と題した回顧録を執筆し、ソーシャルメディアでの存在感を高めている。彼はそれを使って、前向きな精神的展望の重要性だけでなく、負傷兵に対する軍のケア改革も推進している。それは多くの意味で、彼の新たな使命なのだ。「私はいつも内なる強さを持っていました。「私は断固とした人間なのです」。


クレジット…

“軍隊に入るために、私たちは報告書を書いた。”私たちを前線に送ってください、第一線に、第一線に “と。

ミハイロ・パンチシン、25歳

定義上、戦争は最悪の事態である。それでも、その激しさに惹かれる人もいる。紛争は彼らの人生に方向性を与えてくれる。Mykhailo Panchyshynは熱心にそれを求めた。「私の人生は幸せではなかった。「生きる理由が見つからなかった。生きる目的が見つからなかったんだ。

その5年前、彼はウクライナ版ミュージカル・リアリティ番組 “Xファクター “の優勝者となり、浮かれていた。名声と富が手招きしていた。しかし、彼を育て上げた音楽業界は、すぐに彼を地上に引き戻した。彼はロックスターになりたかったのだ。業界は彼をポップスターとして見ていた。外から見れば、それは小さな違いに見えるかもしれない。しかし、世間の注目を浴びることになった繊細なアーティストにとって、それは実存的な瞬間だった。落胆し、不信感を抱いたミハイロは、音楽活動を完全に停止した。ロシアが侵攻した数日後、彼は領土防衛に参加した。奇妙なことに、戦争は前へ進む道のように思えた。そうして彼は戦争に身を投じた。

しかし、行動が伴わないことに苛立った彼は、2人の友人とともに軍隊への入隊を願い出た。「私たちを前線に送ってください。「第一線に。第一線へ。要求は受け入れられたが、バクムートでの任務には犠牲が伴った:何日も激しい砲撃にさらされ、彼と仲間たちはひどい脳震盪を起こした。結局、彼らは除隊した。しかし、戦争はすでにミハイロを変え、音楽への情熱を取り戻した。

彼は塹壕の中で作詞を再開した。病院で負傷兵のために歌った。彼はまた公演を行い、軍のために資金を集めていた。

“戦争は私の将来を形作りました。”と彼は言った。”また、私の理解や将来への展望も。転がっているようで、どうしていいかわからなかった”。かつては重荷であった名声も、今では財産として捉えている。

「私たちの世代は、次に何をすればいいのか、どう生きればいいのかわからなかった。「そうやって私たちの世代は戦争に行き、成長したのです」。

Oleksandra Mykolyshynが取材に協力した。

プロデュースはモナ・ボシュナック。

この記事のバージョンは セクション

A

ページ

10

ニューヨーク版

という見出しで

戦争の現実に打ち砕かれた青春の夢. リプリント注文 | 今日の新聞 | 登録する

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article