28.6 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

今日の為替相場:日銀の利上げ決定と米雇用統計に注目

Must read

ビジネス情報

12月6日(水)に知っておくべきことは以下の通り:

米ドル(USD)は火曜日、2日連続でライバルを上回り、USD指数は約2週間ぶりの高水準まで上昇した。投資家が11月のADP雇用変化データを待つ中、米ドル指数は104.00付近で週足での上昇を固めている。米国の経済指標では、10月の商品貿易収支と第3四半期の単位労働コストが発表される。カナダ中銀(BoC)は後半に利上げ決定を発表する。

米国の11月の雇用統計によると、サービス部門の企業活動は予想を上回るペースで拡大した。10月の求人件数は、9月の935万件から870万件に減少した。米国時間序盤は、さまざまなデータが交錯し、米ドルの上昇は限定的であったが、市場の慎重なムードにより、終盤には米ドルは強さを増した。

ビジネス情報 今週の米ドル相場

下の表は、今週の米ドル(USD)の主要通貨に対する変動率である。米ドルは対豪ドルで最も強かった。

米ドル EUR ポンド CAD 豪ドル 日本円 ニュージーランドドル スイスフラン
米ドル 0.96% 0.90% 0.62% 1.44% 0.46% 0.81% 0.81%
ユーロ -0.99% -0.05% -0.36% 0.47% -0.52% -0.16% -0.15%
ポンド -0.94% 0.06% -0.30% 0.53% -0.44% -0.11% -0.09%
CAD -0.62% 0.36% 0.31% 0.83% -0.16% 0.20% 0.21%
豪ドル -1.46% -0.48% -0.53% -0.85% -1.00% -0.63% -0.63%
-0.49% 0.50% 0.59% 0.18% 1.01% 0.33% 0.35%
NZD -0.83% 0.15% 0.09% -0.20% 0.63% -0.36% -0.01%
スイスフラン -0.84% 0.15% 0.09% -0.21% 0.64% -0.36% 0.00%

ヒートマップは主要通貨の対円レート変動率を示しています。基準通貨は左の列から、気配通貨は上の行から選ばれます。例えば、左の列からユーロを選び、水平線に沿って日本円に移動すると、ボックスに表示される変化率はユーロ(ベース)/日本円(クォート)を表します。

一方、ロイター通信によると、格付け会社ムーディーズは12日、世界第2位の経済大国である中国の成長リスクと不動産セクターの危機が高まっているとして、中国のソブリン格付けの見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げた。

ユーロ/米ドル ユーロ/米ドル[196590]は、弱気圧力を振り払うことができず、火曜日は5日連続でマイナス圏で取引を終えた。同ペアは、水曜日の序盤も弱気な展開が続き、1.0800以下で取引されている。この後、ユーロ統計局より10月小売売上高が発表される。

米ドル/加ドル 火曜日に1.3600近辺まで上昇したが、水曜日早朝にはその勢いを失った。日銀は政策金利を5%に据え置くとの見方が強い。

ポンド/米ドル 火曜日に損失を記録したものの、水曜日早朝には1.2600付近で安定した。イングランド銀行(BOE)の金融政策委員会は、最新の会合後に声明を発表する。

日本銀行(BOJ)の姫野亮三副総裁は2日、金融緩和策からの脱却について、あらかじめ設定したスケジュールは念頭にないと述べた。 金融政策. ドル/円 このコメントを受け、ドル円は小幅に値を下げ、147.00付近の狭いチャネルで推移しています。

月曜の不安定な動きから下方修正が拡大し、火曜日には2,010ドル付近まで下落した。 XAU/USD は、水曜日の早い時間帯に上昇し、最終的には2,030ドル付近でプラス圏で取引された。

このページに掲載されている情報には、リスクと不確実性を伴う将来の見通しに関する記述が含まれています。このページで紹介されている市場や商品は情報提供のみを目的としており、これらの資産の売買を推奨するものではありません。投資を決定する前に、ご自身で十分なリサーチを行ってください。FXStreetは、本情報に誤り、エラー、または重大な虚偽記載がないことを一切保証しません。また、本情報がタイムリーなものであることを保証するものでもありません。オープンマーケットへの投資は、投資額の全部または一部の損失、精神的苦痛を含む大きなリスクを伴います。元本の全損失を含め、投資に伴うすべてのリスク、損失、コストはお客様の責任となります。本記事で表明された見解および意見は著者のものであり、必ずしもFXStreetおよびその広告主の公式な方針または立場を反映するものではありません。本ページに掲載されているリンクの末尾に記載されている情報について、筆者は責任を負いません。

記事本文に特に明記されていない場合、記事執筆時点において、筆者は本記事で言及されているいかなる銘柄についてもポジションを有しておらず、また言及されているいかなる企業とも取引関係はありません。筆者は、FXStreet以外から本記事執筆の対価を受け取っていない。

FXStreetおよび筆者は、個人的な推奨を行うものではありません。筆者は、本情報の正確性、完全性、適合性に関していかなる表明も行いません。FXStreetおよび著者は、本情報の誤謬、脱漏、および本情報の表示または使用から生じるいかなる損失、傷害、損害に対しても責任を負いません。誤謬および脱漏を除く。

著者およびFXStreetは登録投資アドバイザーではなく、本記事のいかなる内容も投資アドバイスを目的としたものではありません。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article