32.1 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

マーケット・スナップショットダウは520ドル高で約2年ぶりの高値引け、株価は1年以上ぶりの月間最高値を記録

Must read

ダウ工業株30種平均は木曜日に急騰し、2022年1月以来の終値となり、S&P500とナスダックは2022年7月以来の月間最高値を更新した。

株価はどのように取引されたか

  • ダウ工業株30種平均 DJIA ダウ・ジョーンズ・マーケット・データによると、DJIAは520.47ポイント(1.5%)上昇し、2022年1月13日以来の高値となる35,950.89で取引を終えた。
  • S&P 500 SPX は17.22ポイント(0.4%)上昇し、4,567.80で終えた。
  • ナスダック総合株価指数 コンポジット は32.27ポイント(0.2%)下落し、14,226.22で終了した。

ダウ・ジョーンズ・マーケット・データによると、S&P500とナスダック総合指数は月間で2022年7月以来の大幅な上昇を記録し、ダウは月間で2022年10月以来の最高値を記録した。

何が市場を動かしたか

米国債利回りの低下、インフレ緩和への楽観論、そして連邦準備制度理事会(FRB)による来年の利下げ観測が相場を牽引し、米国の主要3銘柄のベンチマークはいずれも、少なくともこの1年間で最高の月となった。

ダウは木曜日の終値で急上昇し、ここ4週間で最高の日次上昇率を記録した。株式指標は、次のような要因で上昇した。 9%以上の上昇 の株式で セールスフォース CRM、 -0.75% 好調な四半期決算を受け

しかし、以下のような他のメガキャップのテクノロジー銘柄は低迷している。 エヌビディア, NVDA、 -2.28% メタプラットフォームズ META、 -0.26% など「マグニフィセント・セブン」のメンバーがナスダック市場の重荷となった。

「ノースウエスタン・ミューチュアル・ウェルス・マネジメント・カンパニーのチーフ・インベストメント・オフィサー、ブレント・シュッテ氏は、「私は、市場は間違っていると思う。

多くの投資家が現在思い描いているように、FRBが経済のソフトランディングを指揮するのではなく、穏やかな景気後退が起こるまで金利は高止まりするとシュッテ氏は予想している。「最終的には、FRBは利上げに踏み切るだろうが、利上げに踏み切る、つまり経済成長の鈍化と雇用の減少を見るまでは、利上げを解除しないと思う。

また投資家は、歴史的な大流行となった借り換えのバッファーを時間が侵食していくにつれ、金利上昇が米国企業や家計にもたらす打撃を過小評価していると考えている。

関連記事 満期を迎えるオフィスREIT債の壁への警戒感を反映した債券市場

木曜日、投資家たちは、先月のインフレが引き続き緩和していることを示す新たな報告書を受け取った。FRBが好んで使用するインフレ指標であるコア個人消費支出価格指数は、9月の3.7%に対し、10月は前年同月比で3.5%上昇した。

マーケットウォッチ・ライブ インフレは一段と冷え込み、FRB好みのPCE指標が示す

しかし、株価はすでに短期間で大きく上昇している。「バーンスタイン・プライベート・ウェルス・マネジメントのシニア投資ストラテジスト、マット・パラッツォーロ氏は電話でこう語った。

彼のチームは、S&P500が今後1年間で一桁台半ばのリターンを上げると予想している。

一方、 失業保険申請件数 失業保険申請件数は増加の一途をたどり、米国の労働市場が冷え込んでいることをさらに示す結果となった。労働省が木曜日に発表した11月25日に終わる週の新規失業保険申請件数は、7000件増の21万8000件だった。ウォール・ストリート・ジャーナル紙の世論調査では、新規失業保険申請件数は11,000件増の220,000件と予想されていた。

投資家はまた、ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁のコメントも消化した。 金利はピークまで、あるいはその近くまで引き上げられた。

石油輸出国機構(OPEC)とその同盟国(OPEC+)が、月産100万バレルの追加減産で合意に達したとメディアが報じたことを受け、木曜日の原油先物は下落して引けた。

同合意のニュースは当初、価格を押し上げたが、すぐに上昇分をすべて帳消しにし、マイナスに転じた。

参照: OPEC+が来年早々の追加減産を約束したにもかかわらず、原油価格が下落している理由

米国産ウェスト・テキサス・インターミディエイト原油 CL.1、 +0.50% 先物は1.5%安の1バレル76.72ドルで引けた。ファクトセットによれば、S&P500のエネルギー・セクターは0.6%上昇し、それまでの弱さを振り払った。

木曜日、S&P500のワースト・パフォーマンス・セクターは、通信サービス、情報技術、消費者裁量で、いずれも “マグ7 “銘柄の弱さが重しとなった。

注目企業

  • 株式会社スノーフレークの SNOW、 -0.91% 木曜日、同社は明るい決算と素晴らしい見通しを発表し、株価は7%上昇した。
  • ピュア・ストレージ PSTG、 -2.39% ストレージ・サービスのエンタープライズ・プロバイダーが期待外れの収益ガイダンスを発表した後、株価は12.2%下落した。
  • テスラ社 TSLA、 +0.27% 株は1.8%安となった。 サイバートラックの配送イベントを開催をテキサス州オースティンで木曜日に開催する。

ご覧ください: イーロン・マスク、Xをボイコットする広告主に怒りをぶつける「勝手にしろ

-Jamie Chisholmがこの記事に取材協力した。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article