29.2 C
Tokyo
2024年 7月 24日 水曜日

マーケット・スナップショットダウ・ジョーンズは100ポイント上昇、株価は11月の大幅上昇を上回り、国債利回りは堅調なGDP統計を受けて後退

Must read

水曜日の米国株はほぼ安値で引けたが、国債利回りが低下し、投資家が来年の連邦準備制度理事会(FRB)の利下げに期待したため、今年最大の月間上昇となった。

株価指数はどう動いたか?

  • ダウ工業株30種平均 DJIA は13.44ポイント(0.1%未満)上昇し、35,430.42で終了した。
  • S&P 500 SPX 4.31ポイント(0.1%)下落し、4,550.58で取引を終えた。
  • ナスダック総合株価指数 コンポジット は23.27ポイント(0.2%)下落し、14,285.49で終えた。

ダウは月間で7.2%上昇し、2022年10月以来の上昇率を記録した。ダウ・ジョーンズ・マーケット・データによると、S&P500種指数は8.5%上昇、ナスダック総合指数は11%上昇し、2022年7月以来の月間最高益となる。

何が市場を動かしたか

水曜日深夜、株価は下落に転じた。 FRBの「ベージュブック」調査 FRBが実施した「ベージュブック」では、1ヵ月前と比べ経済活動の低迷と労働需要の緩和が大半を占めた。

「今朝見たGDPの数字よりも明らかに暗い報告だ」とノースエンド・プライベート・ウェルスのアレックス・マクグラス最高投資責任者(CIO)は電子メールでコメントした。

マクグラス氏は、FRBの調査は「多くの人々が1年前から予測していたような、穏やかな景気後退にすでに突入している」可能性を高めたと述べた。

米国が発表した経済指標の結果、株価は上昇した。 第3四半期の経済成長率は季節調整済みで年率5.2%だった。 .この数値は予想の5%を上回り、前回予想の4.9%を上回った。

経済指標はまちまちの結果となったが、米国の主要株価指数は、経済指標となる借入金利の急低下にも助けられ、今年最高の月間上昇率を記録した。

10年物国債利回り BX:TMUBMUSD10Y, 10月には16年ぶりのピークとなる5%超を記録した、 水曜日には4.27%まで落ち込んだ。投資家は、インフレの緩和がFRBに政策金利の引き上げ停止を促し、数ヶ月以内に金利を引き下げる可能性もあるとの見方を強めた。

「カーソン・グループのグローバル・マクロ・ストラテジスト、ソヌ・ヴァルゲーズ氏は「3月に利下げが行われるとは思わない。「しかし今、市場は早期の利下げに強気だ。

FRBが25ベーシスポイントの利下げを実施する確率は46.2%と、前セッションのわずか21%から上昇した。 によると、5月までに少なくとも25ベーシスポイントの利下げが実施される確率は76%近かった。 CMEのFedWatchツールによると、5月までに少なくとも25ベーシスポイントの利下げが実施される可能性は76%近くに達した。

このシフトは、火曜日の クリス・ウォーラーFRB総裁 ウォラー総裁は、現在の金融政策が景気を減速させ、インフレを抑制するのに適していることを示唆した。

ボスティック・アトランタ連銀総裁アトランタ連銀のボスティック総裁[1945900]は水曜日、経済がソフトランディングし、インフレ率が2%まで低下し続けるとの予想に自信を深めていると述べた。パウエル議長は金曜午前11時(米東部時間)に講演を行う予定。

その他の経済データでは、第3四半期の家計支出は当初の4%から3.6%のペースで増加し、個人消費支出(PCE)の物価指数は年率換算で2.8%と、前回の2.9%から下方修正された。

「ハリス・ファイナンシャル・グループのマネージング・パートナーであるジェイミー・コックス氏は、マーケットウォッチにこう語った。

コックス氏は、金利上昇は最終的に消費を弱め、来年の利下げにつながると予想しているが、金利がもはや超低水準に保たれていないことを背景に、経済成長には健全な兆候が見られると見ている。

「GPDがまだ伸びていて、金利が3%をはるかに超えているなら、それはいいことだ」とコックス氏。

その 10月の米国貿易赤字も898億ドルに拡大 商務省が水曜日に発表した。一方、卸売在庫の事前予測は、10月に0.2%の減少を示した。

主要なインフレ・データである10月のPCE指数は、木曜日午前8時30分(米東部時間)に発表される。

読む: PCEインフレ報告は冷え込みを示す可能性。それはFRBが利上げを終了したことを意味するのか?

ドル指数 DXY は月間で3.6%下落し、金価格を押し上げる要因となった。 GC00、 +0.05%, で、1オンス=2000ドルの大台を超えている。

それでも、米国がソフトランディングを達成する確率は依然として議論の的となっている。 JPモルガン・チェース JPM +0.31% ジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は水曜日、次のように述べた。 他よりも確信が薄い 米国の景気後退は回避できる。

参照: ビル・アックマン、FRBが利下げを急がなければ経済は崖から落ちると警告

注目企業

-ジェイミー・チショームがこの記事に取材協力。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article