9.7 C
Tokyo
2024年 2月 27日 火曜日

ソーラーウエハー価格は為替に支えられ小幅上昇

Must read

毎週更新される pvマガジンダウ・ジョーンズ傘下のOPISが、世界のPV業界の主な価格動向について解説している。

今週のウェハーの価格は、米ドルが中国人民元に対して弱くなった結果、わずかに上昇した。

Mono PERC M10ウエハーの中国FOB価格は今週、0.68%、1枚(PC)当たり0.002ドル上昇し、0.295ドル/PCとなり、Mono PERC G12価格は0.49%、1枚当たり0.002ドル上昇し、0.412ドル/PCとなった。

為替変動はさておき、中国国内市場の原動力は変わらず、中国国内市場のEXWウェーハ価格は2週連続で横ばい傾向が続いた。Mono PERC M10およびG12ウェーハの価格は、それぞれ約2.38人民元(0.33ドル)/枚、3.32人民元/枚で安定している。

ある総合メーカーによると、最近、稼働率が低いため、ウェハーメーカーの製造コストが高くなっている。ウェハー在庫が多少減少した現在、ウェハーメーカーは稼働率を上げることに熱心である。

ポリシリコン価格が底を打とうとしているという業界全体のセンチメントから、ウエハーメーカーは稼働率を上げ、ポリシリコンを早いペースで購入するという話が最近出ている。しかし、OPISの市場調査によると、ウエハーメーカーの稼働率は、生産コストは低下するものの、売れ残りによる損失が累積するため、大きく伸びないとのことであった。

あるセルメーカーによると、一部のセルメーカーが品質の低下したウエハーを購入しているため、良質のウエハーの在庫消費が鈍化している。このことは、このコスト競争が2024年のモジュール品質に与える影響を懸念している一部の川下ユーザーにも響くかもしれない。

人気コンテンツ

ある市場関係者によると、現在、収益性の高いウエハー企業は存在せず、中国国内の小規模なウエハー工場は閉鎖されている。一部のウェハー企業は、生き残るために海外に製造施設を設立するチャンスを探していると、情報筋は続けた。

川上の別の情報筋も同様で、ウエハーメーカーは近い将来、利益を上げるのは難しいだろうと述べている。その結果、生産量が増えれば損失も増えるため、ウェハーメーカーの稼働率が顕著に上がるとは予想していない。

今後、業界の予想では、ウエハー価格は安定し、需要の低迷とポリシリコンとルツボの安定したコストの均衡が保たれるとしている。

ダウ・ジョーンズ傘下のOPISは、ガソリン、ディーゼル、ジェット燃料、LPG/NGL、石炭、金属、化学品に加え、再生可能燃料や環境商品に関するエネルギー価格、ニュース、データ、分析を提供している。2022年にシンガポール・ソーラー・エクスチェンジから価格データ資産を取得し、現在は OPIS APACソーラー週報.

本記事で述べられている見解および意見は、筆者個人のものであり、必ずしも以下の見解を反映するものではありません。 PVマガジン.

このコンテンツは著作権により保護されており、再利用することはできません。私たちと協力し、私たちのコンテンツの一部を再利用したい場合は、ご連絡ください: editors@pv-magazine.com.

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article