6.9 C
Tokyo
2024年 2月 27日 火曜日

本日の株式市場:重要な米雇用統計を控え、アジア株は概ね上昇

Must read

ニューヨーク — ウォール・ストリートの株価は、予想を上回る米雇用統計を受けて、この20ヵ月で最高の水準まで上昇した。

S&P500種指数は0.4%上昇し、6連勝を達成した。ウォール街の主要な健全性指標であるS&P500種株価指数は、昨年の年初に記録した過去最高値をわずか4%下回っている。

ダウ平均は130ポイント(0.4%)上昇し、ナスダック総合株価指数は0.4%上昇した。

先月、米雇用者数はエコノミストの予想を上回り、雇用者数は増加した。労働者の賃金も予想以上に上昇し、失業率も予想外に改善した。

好調なデータは、景気後退の可能性に対する懸念を、少なくとももうしばらくの間は抑え込み、経済の強さと密接に結びついた利益を上げているいくつかの企業の株価は上昇した。エネルギー関連株は、S&P500種指数を構成する11のセクターの中で最大の上昇率を記録し、1.1%上昇した。

キャリア・グローバルは、セキュリティ事業であるグローバル・アクセス・ソリューションズを49億5000万ドルでハネウェルに売却することで合意したと発表し、4.5%上昇した。

しかし、ウォール街の懸念は、雇用市場が著しく回復しているため、インフレに拍車がかかる可能性があることだ。そうなれば、連邦準備制度理事会(FRB)は主要金利をさらに引き上げるか、少なくとも2001年以来の高水準を予想以上に長く維持することになるかもしれない。

その結果、米連邦準備制度理事会(FRB)の中心的な希望であったインフレ率上昇の勢いが弱まる可能性がある。 株式市場 最近のことだ:インフレ率は2年前の夏のピークから十分に低下し、FRBはついに利上げを停止し、来年から利下げを開始する。

アネックス・ウェルス・マネジメントのチーフ・エコノミスト、ブライアン・ジェイコブセンは、「FRBは、『仕事が終わる前にあきらめる』ことを恐れているので、利上げをやりすぎる側に回るだろう」と言う。

バンク・オブ・アメリカのエコノミストたちは、BofAグローバル・リサーチのレポートの中で、雇用統計は全体的にまともなものであったと述べている。この数字は「経済活動は鈍化するだろうが、クラッシュはしないだろう」という予想を裏付けるものだという。

年物国債利回りは、木曜日の4.15%から4.22%に上昇した。2007年以来の高水準となった10月に5%を超えて以来、利回りは全般的に低下し、株高圧力を緩和していた。

年物国債利回りは4.60%から4.72%に上昇した。FRBが2024年に何回利下げを実施するかという予想がトレーダーによって後退したためだ。

高い金利と利回りはあらゆる投資に打撃を与え、特に最も割高と見られる銘柄や、投資家が大きな成長を長い間待つ必要がある銘柄には強烈なパンチを与える。

グーグルの親会社であるアルファベットは1.4%下落し、S&P500で最も重いウェイトを占めた。その前日には、最新の人工知能製品の発表に沸き、急騰していた。他のハイテク株は堅調で、エヌビディア、アップル、マイクロソフトが上昇した。

また、RHも下落した。このホームファニシング企業は、アナリストの予想を下回る最新四半期の決算を発表し、14%下落した。

S&P500種指数は18.78ポイント上昇し、4,604.37となった。ダウは130.49ドル高の36,247.87ドル、ナスダックは63.98ドル高の14,403.97ドルだった。

金曜の雇用統計は、FRBが水曜に金利に関する次の動きを発表する前に入手する最後の主要データのひとつである。火曜日には、米国政府が米国の消費者にとってのインフレがどの程度高いかについて、最新の月次報告を行う。

CMEグループのデータによれば、FRBは来週も主要金利を据え置くという予想が広がっている。しかし、トレーダーは現在、FRBが3月までに利下げを実施する可能性を46%以下に賭けている。これは前日の65%近くから低下している。

金曜日に発表された別の速報は、より大きな励ましを与えた。それによると、米国の消費者の来年のインフレ期待は前月の4.5%から3.1%に低下し、2021年3月以来の低水準となった。FRBはこのような期待に注意を払うと述べており、予想が上昇すればインフレが高止まりする悪循環に陥ることを恐れている。

ミシガン大学の速報によると、消費者のセンチメントは、主にインフレ期待の改善により、前4ヶ月間の落ち込みを全て帳消しにするほど強まった。

原油市場では、原油価格が上昇し、ここ数ヶ月の急激な下落の一部を回復した。米国産原油の指標となる1バレルは、1.89ドル高の71.23ドルとなったが、9月の水準からはまだ20ドル以上低い。原油価格は、世界経済による需要が世界の供給量を吸収するほどには強くないとの懸念から下落している。

国際標準のブレント原油は、1バレルあたり1.79ドル高の75.84ドル。

海外の株式市場では、指数は欧州でほぼ上昇し、アジアではまちまちだった。日経平均株価は、日銀が超金融緩和政策を解除するかどうかの憶測が飛び交う中、1.7%安と2日続落した。

___

APビジネスライターZimo Zhongが寄稿。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article