29.2 C
Tokyo
2024年 7月 24日 水曜日

今日の株式市場ウォール街は金曜日の雇用統計を前に上昇、3日続落を止める

Must read

ニューヨーク — ウォール・ストリートは木曜日に上昇し、ニューヨーク市場以来の3連敗を止めた。 ハロウィーン.

S&P500種株価指数は36.25ポイント(0.8%)上昇し、4,585.59となった。ダウ工業株30種平均は62.95(0.2%)高の36,117.38、ナスダック総合株価指数は193.28(1.4%)高の14,339.99となった。

グーグルの親会社であるアルファベットが5.3%上昇したのを筆頭に、大手ハイテク株が市場の上昇に貢献した。彼らはその巨大さゆえにウォール街で最も影響力のある銘柄であり、今年に入ってからも大暴落を続けている。

セレベル・セラピューティクスもまた、アッヴィが同社とその統合失調症、パーキンソン病、その他の病気の候補パイプラインを買収する87億ドルの取引を発表した後、11.4%急騰した。アッヴィは1.1%上昇した。

ウォール街は、連邦準備制度理事会(FRB)が、高インフレを抑制するための金利引き上げを最終的に終了するとの期待から、2022年3月以来の高水準に向けて上昇している。金曜日に発表される、米政府による雇用市場に関する最新月次報告を前に、その期待は高まっている。

連邦準備制度理事会(FRB)は、雇用市場が適度に減速することを望んでいる。弱すぎると失業者が出て景気後退の可能性があるが、強すぎるとインフレに上昇圧力がかかる可能性がある。

これまでのところ、連邦準備制度理事会(FRB)が雇用市場と経済全体にとって完璧な着地点を示すことができるのではないかという期待が高まっている。インフレ率は2年前の夏をピークに鈍化しており、FRBが次に打つ手は来年の利下げになるとの期待が高まっている。

木曜日に発表されたレポートによると、先週は失業手当を申請した労働者がやや多かったが、この数字は驚くほど高くはなく、エコノミストの予想にぴったり当てはまった。そのため、株式市場も債券市場も比較的落ち着いており、より大きな影響を与える可能性のある金曜日の報告を待っている。

年物国債利回りは、水曜日の4.12%から4.14%に上昇した。10月に5%を突破し、2007年以来の高水準を記録して以来、利回りは総じて緩和傾向にある。

ゴールドマン・サックスのストラテジストは、S&P500種指数が11月までに9%近く上昇した後でも、「フェアバリューとほぼ同じ水準」で取引されていると述べている。健全な経済への期待も株価を押し上げている。

しかし、インフレがどの程度急速に冷え込むか、またFRBがトレーダーが期待しているほどの利下げを行うかどうかにもよるが、この先はいくつかの分かれ道のいずれかを通る可能性がある。ゴールドマン・サックス証券によると、トレーダーは、短期的に景気後退に見舞われることなく利下げが「もっともらしく」期待できる限界に近づいているという。

ライアン・ハモンド率いるストラテジストはリポートで、「楽観的なシナリオの多くは、今日の米国株式価格にすでに反映されていると考えている」と述べた。

米連邦準備制度理事会(FRB)が昨年初めに大幅な利上げキャンペーンを開始して以来、トレーダーは何度も利上げの差し迫った停止や利下げの可能性に賭けてきたが、そのたびに失望させられてきた。米連邦準備制度理事会(FRB)当局者は最近、主要金利がピークに達している可能性を示唆しているが、引き下げ時期を検討し始めるのは時期尚早だとの声もある。

金利緩和への期待は、あらゆる種類の投資、特に最も割高と見られる投資や、最も遠い将来に大きな成長が見込まれる投資を助ける。それが今年、大手ハイテク株を大幅上昇に導いた。

アルファベットは木曜日に急騰し、今年に入ってからの上昇率は55%強に達した。その前日、アルファベットは人工知能モデル「ジェミニ」の発売を発表した。この発表は当初、ウォール街ではほとんど波風が立たず、アルファベットの株価は水曜日に下落したが、JPモルガンのアナリストはレポートの中で、”グーグルがこの大きな技術シフトを進めているのを見て勇気づけられた “と述べた。

アルファベットはS&P500種株価指数を上昇させる唯一の力であったが、アップル、アマゾン、エヌビディアも1%以上上昇した。

ジェットブルー航空は15.2%上昇し、今年最後の3ヶ月の業績が当初の予想を上回る可能性があると発表した。また、2023年末の燃料費予想の上限をわずかに引き下げた。

原油価格は、世界経済による需要が利用可能な供給量を下回るという懸念の中、最近下落している。指標となる米国産原油の価格は、1バレルあたり4セント安の69.34ドルとなった。月下旬には93ドルを超えていた。

国際標準のブレント原油は25セント安の1バレル74.05ドル。

ウォール街の負け組では、C3.aiがアナリストの予想を下回る最新四半期の収益を発表し、10.8%下落した。

株式市場日本銀行が超金融緩和政策を打ち出すかどうかが注目される中、東京市場の日経平均は1.8%下落した。

アジアとヨーロッパの他の地域の株価指数の下落は、より小幅なものだった。

___

APビジネスライターのマット・オットとエレイン・クルテンバックが寄稿。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article