31.9 C
Tokyo
2024年 7月 24日 水曜日

中国、EVの普及が進む中、減税の基準を引き上げ

Must read

テクノロジー

クレジット 123rf

中国中央政府は、6月に新エネルギー車(NEV)の購入税免除の基準値を引き上げ、バッテリー電気自動車の走行距離の拡大などの変更を導入する。工業情報化部、財政部、国家税務総局が月曜日に発表した文書によると、EV減税の対象となる全電気自動車の最低走行距離は100キロから200キロに引き上げられる。この更新の一環として、北京はまた、氷点下での走行距離の低下を抑えることを目的とした、EVバッテリーの最低エネルギー密度を含む新たな技術基準を発表した。さらに、自動車メーカーは、交換可能なバッテリーを搭載したEVを購入した顧客に対し、自社でバッテリー交換ステーションを設置するか、第三者にバッテリー交換サービスの提供を委託することで、バッテリー交換サービスを確実に提供する証明を提供することが義務づけられた。中央政府は6月、中国のEV購入者は2025年末まで10%の購入税免除を受けられると発表しており、2017年の初公開以来4度目の延長となった。[[MIITリリース、TechNodeレポート、中国語]

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article