32.1 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

米国倒産の波は2024年まで続く可能性、しかしペースは鈍化する可能性も

Must read

アメリカ

アメリカ 米国倒産の波は2024年まで続くが、ペースは落ちる可能性© Reuters.ファイル写真:2023年4月17日、米ニューヨークのマンハッタンにあるザ・ショップス・アンド・レストランツ・アット・ハドソン・ヤーズ内の小売店が並ぶほぼ空のエリアを歩く人。REUTERS/Mike Segar/File Photo

By Bansari Mayur Kamdar

(ロイター] – インフレと高金利の影響により、来年も小売セクターが米国の倒産件数を牽引する可能性があるが、アナリストらは金融緩和政策により2024年後半にはいくらか緩和されると予想している。

S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスのデータによると、今年に入ってからの米国企業の倒産申請件数は591件で、2020年以降で最高となった。

B・ライリー・ウェルスのチーフ・マーケット・ストラテジストであるアート・ホーガン氏は、「2008年に始まった超低金利の終焉は、倒産申請の復活をもたらしたが、この傾向は今後正常化する可能性がある」と述べた。

数十年来の高金利により、今年満期を迎える負債の返済に苦しむ多くの企業が崖っぷちに立たされている。

CMEグループ(NASDAQ:)のFedWatchツールによると、マネー市場では、米連邦準備制度理事会(FRB)が1日後の決定会合で金利を据え置くことを完全に織り込んでおり、トレーダーは5月に金利が引き下げられる可能性を75.3%と見ている。

しかし、世界的な景気減速は、今後1年でより多くの犠牲者を出す可能性がある、とAJベルの財務分析責任者ダニ・ヒューソンは言う。

S&Pグローバルのデータによると、セクター別では、消費者関連企業が、ベッド・バス&ビヨンド(OTC:)のような小売業を含む、2023年1月~11月の倒産件数76件でトップだった。

デブタイヤのリストラクチャリング・データ担当グローバル・ヘッドであるキャサリン・コリー氏は、「小売業は来年、特にホットなセクターとなるだろう」と述べた。

「パンデミック(世界的大流行)時に好況を呈した小売業者の中には、その後干上がったところもたくさんある。

一部のアナリストは、来年はM&A取引が活発化すると予想している。

スパルタン・キャピタル・セキュリティーズのチーフ・マーケット・エコノミスト、ピーター・カーディロは、「より多くの企業買収が行われるようになり、それは、もしかしたら、一部の企業が、この先の不況に直面する代わりに、買収されることを望んでいることの表れかもしれない」と語った。

S&Pグローバルによると、12月5日までに発表されたディールは13,466件、ディール総額は1兆383億ドルで、2022年に発表された19,192件のディール総額1兆3,824億ドルと比較すると、全体的に米国のM&A活動は低調なままであった。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article