31.9 C
Tokyo
2024年 7月 24日 水曜日

イージージェット、ホリデーシーズンを前にリバプール・ジョン・レノン空港から冬の新路線を開設

Must read

イギリス

ある格安航空会社が、今度のホリデーシーズンを前に、リバプールの有名なジョン・レノン空港から新しい路線を就航させた。

イージージェットは、リバプールとフランスのリヨンを結ぶ新しい冬季路線を運航する。最初のフライトは水曜日(12月13日)に離陸し、週2便運航される。

フランスの都市リヨンは観光客に人気が高い。フランスのオーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地方の首都で、ローヌ川とソーヌ川の合流点に位置している。国内第3の都市であるリヨンは、世界的に有名な食と建築で知られ、4つの歴史地区はユネスコの世界遺産に登録されている。

今朝、イージージェットのリバプール-リヨン線の初便が出発し、フランス第3の都市への週2便の運航が開始された。🛫 pic.twitter.com/ETCtEcD8Co

– リバプール・ジョン・レノン空港 (@LPL_Airport) 2023年12月13日

イージージェットは、リヨンでのホリデー・パッケージも提供している。このパッケージには、航空券、ホテル、23kgの手荷物許容量、ビーチ・ホリデーでの送迎が含まれる。

イージージェットの英国カントリー・マネージャーであるアリ・ゲイワード氏は、「リバプールからリヨンへの新路線の就航を祝うことができ、スキーヤーやその他のウィンタースポーツ愛好家、あるいはリヨンの歴史、建築物、料理を探索するシティブレイクをお探しの方など、アルプス地方への訪問をお考えのお客様に、より多くの選択肢を提供できることを嬉しく思います」と述べている。

一方、リバプール・ジョン・レノン空港のアヴィエーション・ディレクターであるポール・ウィンフィールド氏は、リバプールから4番目のフランスの目的地となるリヨン便がイージージェットにより復活したことを喜んでいると述べた。

「この時期、そしてクリスマスまでのこの路線は、ウィンタースポーツやアルプスの美しさを求める北西部全体からの乗客、あるいは単に歴史的な都市リヨンで時間を過ごす乗客にとって素晴らしい路線です」とウィンフィールド氏は付け加えた。

今年初め、イージージェットはリバプールから夏の新路線を就航すると発表した。ロンドンを拠点とするこの航空会社は、リバプールからリヨンのエンフィダに就航する。 チュニジア 操業開始は2024年4月1日の予定。

イージージェットのリバプールからエンフィダへのフライトは直行便となり、月曜日と金曜日の週2便となる。現在、リバプールからチュニジアの首都チュニスへは、ドイツの航空会社ルフトハンザが就航しているが、この便はフランクフルトで途中降機する。

エンフィダはチュニジア北東部にある人口約10,000人の小さな町。絵のように美しいタクロウナ村や、数キロ離れたハマメット湾の海岸に向かう観光客が主に訪れる。

この冬 イージージェット はまた、エジプトのスキューバダイビングのホットスポット、ハルガダへの運航を開始する予定である。エンフィダとハルガダは、リバプール空港から直行便が就航する2つのヨーロッパ以外の目的地である。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article