28.6 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

FRBによるピボットは織り込み済みで、壮大な国債ラリーは燃料切れか

Must read

ビジネス情報

ビジネス情報 FRBによるピボットは織り込み済みで、壮大な国債ラリーは燃料切れか© Reuters.写真:米ニューヨークのウォール街とブロード・ストリートにあるニューヨーク証券取引所(NYSE)の外に見えるクリスマスツリー(2023年12月13日撮影)。REUTERS/Brendan McDermid/File Photo

デービッド・ランドール 記

ニューヨーク(ロイター) – 米国国債の急騰が株高を後押しし、投資家のリスク選好意欲を高めている。今、一部の投資家は、経済が深刻な落ち込みを見せない限り、さらなる上昇は難しく、市場を牽引してきた底堅い成長というシナリオが崩れる可能性に賭けている。

今週初めの米連邦準備制度理事会(FRB)の予想外のハト派的発言は、国債の上昇を加速させ、ベンチマークである10年物国債利回りを7月以来の低水準に押し下げた。債券価格に反比例して動く利回りは現在3.93%で、10月につけた16年ぶりの高水準から110ベーシスポイントほど低下している。

国債利回りの暴落は、住宅ローンの金利を引き下げ、金融情勢を緩和し、投資家を株式やその他のリスクの高い投資に押しやったため、債券市場以外にも広く波及した。国債利回りは10月の安値から15%近く上昇し、今年に入ってからは23%近く上昇し、史上最高値に迫る勢いだ。

しかし投資家の中には、FRBのハト派的なシフトの多くはすでに国債価格に反映されているのではないかと考えている者もいる。もし経済が急速に減速し、FRBが緩和の加速を余儀なくされれば、より大幅な利下げが実施される可能性が高くなる。

「T.ロウ・プライスで米国コア債券戦略のポートフォリオ・マネージャーを務めるスティーブン・バートリーニ氏は、「市場はソフト・ランディングを完全に想定している。「ここから利回りを上げるとすれば、景気が後退に転じるとの見方によるものだろう」。

水曜日に発表されたFRBの新たな予測では、来年の利下げ幅は中央値で75ベーシスポイントとなり、FF金利は4.50%から4.75%の間となる。一方、LSEGのデータによれば、トレーダーは150ベーシスポイントの利下げに賭けている。

テクニカル要因も、債券ラリーの持続を難しくしている。BofAグローバル・リサーチのストラテジストは金曜のメモで、この素早い動きは、取引が過密になっているとの懸念から、投資家の利益確定売りを促すだろう、と述べた。

FRB関係者の中には、金融政策の転換が間近に迫っているとの見方に対して反発を始めている者もいる。ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は金曜日、米中央銀行は依然として、インフレ率を目標の2%に戻し続けるために金融政策が正しい道筋をたどっているかどうかに注目していると述べた。

「タイフォン・キャピタル・マネジメントのジェームス・クートウラス最高経営責任者(CEO)は、「FRBはすでにイージー・マネーに舵を切っている。「我々は、経済がさらに弱まるまで、カーブの手前を少し切り上げると予想している。

投資家は来週、個人消費支出や新規失業保険申請件数など、FRBのインフレ見通しを左右するかもしれない経済データに注目するだろう。

BMOキャピタル・マーケッツやオッペンハイマー・アセット・マネジメントを含むウォール街の企業では、インフレ率がFRBの目標税率に向けて鈍化する一方で、成長率は底堅さを維持するソフト・ランディングが基本シナリオとなっている。BMOキャピタル・マーケッツやオップハイマー・アセット・マネジメントは、来年のS&P500種株価指数を現在の4719からそれぞれ5100と5200と見ている。

投資家の中には、利回りの低下が続くと考える者もいる。ブランディワイン・グローバルのポートフォリオ・マネジャー、ジャック・マッキンタイア氏は、今週の利回りの急落は、FRBの方向転換に不意を突かれた弱気な投資家たちが賭けを解消したためだろうと述べた。

商品先物取引委員会のデータによると、2年物国債に対するショート・ベットは今月初めに記録的な水準に達した。

マッキンタイア氏は、インフレが冷え込むにつれて利回りは再び低下し、来年半ばには10年物国債は3.5%から3.7%の間に落ち着くと予想している。

ラファー・テングラー・インベストメンツのアーサー・ラファー・ジュニア社長は、国債に対してそれほど強気ではない。利回りの急低下はすでに金融条件を緩めており、FRBが来年、インフレの急回復を招くリスクなしに利下げを行うことを難しくする可能性があるという。

ラッファー氏は、アトランタ連銀が発表したGDPNowの推計値など、第4四半期のGDPが2.6%上昇し、11月中旬より1ポイント以上高くなったというデータを指摘した。

ラファーは、「ラリーは行き過ぎであり、市場の動きは速すぎる」と述べた。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article