29.2 C
Tokyo
2024年 7月 24日 水曜日

今日の為替:異例の週を前にドルは苦戦

Must read

ビジネス情報

休日の薄商い、短縮された週、軽めの経済カレンダーは、2023年最後の数日間の異常な値動きを示唆する。サンタのラリーは続くのか?米ドルは引き続き圧力を受けるのか?

来週のために知っておくべきこと:

来週の経済カレンダーは軽い。これに加え、連休中の薄商いにより、値動きが限られると同時に、偽のブレイクアウトが助長される可能性がある。月曜日はほとんどの取引プラットフォームが機能しない。

今週も株式相場は好調だった。ダウ平均が史上最高値を更新する一方、米国債利回りは低下した。10年物国債利回りは7月以来の低水準となる3.90%前後に落ち着いた。サンタは来週もウォール街にいるのだろうか?

来週、サンタはウォール街にいるのだろうか? 米ドル・インデックス (DXY)は2週連続で下落し、102.00を割り込んで月初安値を更新した。リスク選好と利回り低下を背景に、弱気バイアスの動きが続いている。2024年の米連邦準備制度理事会(FRB)による市場再価格決定への期待が、グリーンバックを圧迫している。

11月のコア個人消費支出(コアPCE)は、予想の0.3%を下回る0.2%の上昇となり、前年同月比では3.2%の上昇となった。11月のコアPCEは0.1%低下し、2020年以来初のマイナスとなった。このデータは、インフレ率がFRBの目標である2%に向かっていることを示す証拠となる。来週は、住宅価格(火曜日)、失業保険申請件数(木曜日)、シカゴPMI(金曜日)などが予定されている。

を発表した。 ユーロ/米ドル ユーロ/米ドル は、1.1000を上抜けし、来週の課題は、このエリア上で推移することである。同ペアは、過去5ヶ月で最も高い週間終値を記録した。重要な報道は、スペインの経済指標が発表される。 消費者物価指数 (金曜日に12月の消費者物価指数(CPI)が発表される。

12月消費者物価指数 ポンド/米ドル ポンド/米ドル[1945900]は、1.2700を維持することが難しい中、小幅な上昇を記録した。対米ドルで上昇を記録したものの、ポンドは予想を下回る結果となった英国のインフレデータの影響を受けた。ユーロ/ポンドは、0.8575から0.8660まで上昇し、20週単純移動平均線を奪回した。来週は英国の関連データはない。

日本円は、日銀金融政策決定会合を受け、今週メジャー相場の中で最も悪いパフォーマンスとなった。 米ドル/円 しかし、週足のピークである142.50付近には遠く及ばず、下値リスクが優勢であることを示している。水曜日には、日銀が最新の金融政策決定会合の意見要旨を発表する。日銀は水曜日、直近の金融政策決定会合の意見要旨を発表する。日銀のマイナス金利政策からの脱却が期待される中、日本の経済指標の重要性が高まる可能性がある。

カナダ、オーストラリア、ニュージーランドからは、関連する経済指標の発表は予定されていない。 豪ドル/米ドル そして NZD/USD は2週連続で重要な上昇を記録し、7月以来の高値で取引を終えた。NZドル/米ドル相場は、引き続き米ドルの動向に左右される展開が予想される。

この 米ドル/加ドル は急落し、1.3300を割り込み、8月以来の週間最安値を記録した。カナダドルは、豪ドルとNZドルに遅れをとった。 リスク選好 と落ち着いている 原油 価格

金は過去2番目に高い週間終値を記録。 XAU/USDは2050ドル前後で推移しており、トレンドは上向き。イエローメタルの主なリスクは、FRBの緩和期待の再測定から生じる可能性がある。米利回りの反発は、金の急激な調整の引き金となる可能性がある。

このページの情報には、リスクと不確実性を伴う将来の見通しに関する記述が含まれています。このページで紹介されている市場や金融商品は情報提供のみを目的としており、これらの資産の売買を推奨するものではありません。投資を決定する前に、ご自身で十分なリサーチを行ってください。FXStreetは、本情報に誤り、エラー、または重大な虚偽記載がないことを一切保証しません。また、本情報がタイムリーなものであることを保証するものでもありません。オープンマーケットへの投資は、投資額の全部または一部の損失、精神的苦痛を含む大きなリスクを伴います。元本の全損失を含め、投資に伴うすべてのリスク、損失、コストはお客様の責任となります。本記事で表明された見解および意見は著者のものであり、必ずしもFXStreetおよびその広告主の公式な方針または立場を反映するものではありません。本ページに掲載されているリンクの末尾に記載されている情報について、筆者は責任を負いません。

記事本文に特に明記されていない場合、記事執筆時点において、筆者は本記事で言及されているいかなる銘柄についてもポジションを有しておらず、また言及されているいかなる企業とも取引関係はありません。筆者は、FXStreet以外から本記事執筆の対価を受け取っていない。

FXStreetおよび筆者は、個人的な推奨を行うものではありません。筆者は、本情報の正確性、完全性、適合性についていかなる表明も行いません。FXStreetおよび著者は、本情報およびその表示または使用から生じるいかなる誤謬、脱漏または損失、傷害もしくは損害に対しても責任を負いません。誤謬および脱漏を除く。

著者およびFXStreetは登録投資アドバイザーではなく、本記事のいかなる内容も投資助言を目的としたものではありません。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article