28.6 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

マーケット・スナップショットダウ・ジョーンズ指数は2ヶ月ぶりの高値圏に 小売売上高、インフレ率のデータを見極める投資家たち

Must read

水曜日の米国株は高値で引け、前セッションの大幅上昇を引き継いだ。これは、控えめなインフレ・データに端を発し、成長が維持されれば連邦準備制度理事会(FRB)が借入コストを引き下げるという、経済のソフト・ランディングへの期待が高まったため。

何が起こったか

  • ダウ工業株30種平均 DJIA は163.51ポイント(0.5%)高の34,991.21と、8月14日以来の高値をつけた。指数は4日連続で上昇した。
  • S&P 500 SPX 7.18ポイント(0.2%)上昇の4,502.88となり、9月14日以来の終値となった。
  • ナスダック総合株価指数 コンポジット 9.5ポイント(0.1%未満)上昇の14,103.84

S&P500種指数は火曜日に1.9%上昇し、4月27日以来の大幅上昇となった。ダウは490ポイント(1.4%)上昇し、両指数とも終値で9月14日以来の高値を記録した。ナスダック総合株価指数は2.4%上昇し、8月1日以来の高値となった。

何が市場を動かしたか

「インフレは(今のところ)下がってきており、経済は(今のところ)堅調なペースで成長を続けている。

「リセッションを免れるたびに、次のリセッションに1年ずつ近づいていくが、予測者たちは謙虚になり、2024年のリセッション予測の確信度を下げるべきだ。

水曜日のデータでは、生産者物価指数が 10月は0.5%の下落.ウォール・ストリート・ジャーナル紙の世論調査では、エコノミストは0.1%の上昇を予想していた。10月のコア生産者物価指数は0.1%上昇し、前月の0.3%上昇から低下した。

米小売売上高 10月は0.1%の減少 減少し、7ヶ月ぶりのマイナスとなったが、米国がホリデー商戦に突入する中、この落ち込みは長続きしそうにない。ウォール・ストリート・ジャーナル紙の世論調査では、エコノミストは0.2%の減少を予想していた。3月以来のマイナスとなった。

アナリストらは、火曜日のCPI(消費者物価指数)値への強い反応の後では、PPIデータはほとんど影響力を持たなかったと述べた。

キャピタル・エコノミクスの北米チーフ・エコノミスト、ポール・アシュワース氏は、「消費者物価上昇率は、金利上昇の重圧の下で実体経済が持ちこたえても、多くの予想よりも急速に低下し続けるとの見方を支持するものである。

S&P500種指数を再び100日移動平均線の上に押し上げ、月間で7.3%、年間では17.2%の上昇となった。 消費者物価指数によると、10月のインフレ率は意外にも横ばいだった。.小売インフレの年間ペースも3.2%と予想を下回った。

物価上昇圧力緩和の兆しは、米連邦準備制度理事会(FRB)がこのサイクルでの利上げを終えただけでなく、来年は利下げに踏み切る可能性が高まったとの期待を高めている。市場では、5月に5%から5.25%の範囲に25ベーシスポイントの利下げが実施される可能性が47%と、1ヵ月前の32%から上昇している。

借入コストは急落し、10年物国債利回り BX:TMUBMUSD10Y は、先月つけた16年ぶりの高値である5%強から50ベーシス・ポイント近く下落した。

株式市場で特に金利感応度の高い銘柄が復活しており、ラッセル2000はその一角を占めている。 RUT 火曜日に中小企業の株価指数が5.4%上昇し、ここ1年強で最大の上昇となった。

しかし、一部のオブザーバーは、市場の最近の活況は少し行き過ぎだと警告した。「人々は短期的な数字に過剰反応しているように思う。 JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOは火曜日、ブルームバーグTVにこう語った。.「FRBが利上げを一旦停止したのは正しかったが、「もう少しの辛抱が必要かもしれない」とダイモンCEOは語った。

バーンスタイン・プライベート・ウェルス・マネジメントのシニア投資ストラテジスト、ルーズベルト・ボウマン氏もこの点に言及した。「市場は昨日、インフレがこのペースで下降し続けると仮定して、少し先走りすぎたのだろう」とボウマン氏は電話会議で語った。

「われわれの見方は、インフレの進行は続くが、市場が期待するペースよりは遅いというものだ。

年率インフレ率は今年末までに約3.8%、来年末までに約2.5%になると予想している。

一方、市場全体のセンチメントは水曜日、以下のような要因によって下支えされた。 中国からのニュース.世界第2位の経済大国である中国の消費活動と産業活動が先月、予想以上に拡大したことを示すデータが発表されたほか、北京が不動産セクターに対して1兆元(約1370億ドル)の支援策を計画しているとの報道も投資家を勇気づけた。

注目企業

  • ターゲット 株式 TGT -0.08% が17.9%上昇した。 第3四半期の利益がサプライズで増加した。を大幅に上回った。
  • 株式会社VF VFC、 +0.40% は水曜日にさらに14.1%上昇した。JPモルガンは、ブラッケン・ダレル新CEOがロジテックの前経営陣から学んだ5つの再建方針のうち4つをすでに実行しているとし、衣料品メーカーをアンダーウエートからニュートラルに格上げした。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article