32.1 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

デル、AIを活用したウィンドウズ11の改善策を示す

Must read

イギリス

デルは、設定の自動変更やバグの修正など、多くのタスクを実行できる新しいWindows 11の人工知能(AI)を垣間見せてくれた。

ビング・チャットの追加 最近リブランドされた Copilotに改名されたWindows 11は、今年最大のアップデートの1つだ。

マイクロソフトは、その生成AIチャットボットが単なるコルタナのようなデジタルアシスタント以上のものだと主張している。実際、マイクロソフトのサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は、Copilotが「PCにおけるAIの世界への入り口」になることを示唆している。

現在の段階では、Copilotにはいくつかの制限がある。「Copilotは現在、1つのクエリやプロンプトに対して処理できる最大単語数は約18,000~20,000語に制限されており、ドキュメントの要約を生成したり、Copilotとチャットしたりといった機能を利用することはできない」と、マイクロソフトはウェブサイトで述べている。 ブログ投稿.

しかし、レドモンドに本社を置く巨大ハイテク企業は、Windows 11の使い方を根本的に覆す新しい形のAIを発表する準備を進めているようだ。

の人々は ギズモード 先日、CopilotのようなAIがPCの設定変更プロセスを簡略化し、迅速化することを示すDellのデモを見つけたという記事が掲載された。

デモでは、米国を拠点とするテクノロジー企業が、高度なCopilotのような機能を備えたWindows 11 OSのモックアップを披露した。

イギリス AIはWindows OSの全体的な体験を強化できるか?

デルは、ユーザーがWindows 11のタスクバーにCopilotアイコンを設定し、そのアイコンをクリックしてプロンプトを入力したり話したりする方法を実演した。プロンプトを使用すると、PCの設定オプションに行かなくても、インストールされているグラフィック・ドライバーのバージョンを表示したり、トラックボールの輝度コントロールを表示したりするようAIに求めることができる。

PCから離れていて、いくつかのアプリがクラッシュする場合、Windows Copilotはあなたに問題の診断を依頼するのではなく、独自に問題を解決しようとします。たとえば、あるアプリがWi-Fiに接続できない場合、AIはトラブルシューターを実行したり、ネットワーク設定を変更したりして、問題を独自に解決します。