32.1 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

ミハエル・シューマッハの最新情報:F1界のレジェンド、治療の一環として脳を刺激するドライブに参加

Must read

イギリス

F1界のレジェンドであるミハエル・シューマッハは、過去10年間スポットライトから遠ざかっていたにもかかわらず、世界中のスポーツ界の興味をかき立て続けている。悲劇的なスキー事故から10年目を迎え、彼の回復と治療に関する新たな最新情報が明らかになった。

免責事項:この報道は今のところシューマッハの家族によって確認されたものではない。

ドイツの出版物によると BILD7度のF1ワールドチャンピオンに輝いたルイス・ハミルトンがメルセデスのシートに戻ってきた。明らかに運転席にはいなかったが、報道によると、治療の一環としてドライブに出かけたという。報道によると、彼の医師団は、定期的なドライブがシューマッハの脳を刺激するのに役立つと信じている。

F1マシンのサウンドはロードカーのそれとは大きく異なるが、メルセデスAMGのエンジン音は元レーサーにとっても馴染み深いものであり、治療計画の一環として活用されている。

シューマッハは理学療法士やアシスタントとともに、約15人の医療専門家からなるチームによって24時間体制でケアされている。彼は、事故から6ヵ月後に移されたジュネーブ湖畔の実家で世話を受けている。そこでは、妻のコリーナ、子供のジーナ=マリアとミックを含む肉親に囲まれている。

シューマッハの人生を変えた悲劇から10年

2013年12月29日、シューマッハはフレンチアルプスの斜面にあるメリベル・リゾートでオフピステを滑走中に事故に遭遇した。転倒した際に頭が岩にぶつかり、防具を着用していたにもかかわらず、ヘルメットが割れて衝撃から頭を完全に守ることができなかったと伝えられている。

彼は近くの病院に空輸されたが、意識はある。その後、医師は治癒過程を助けるため、彼を250日間昏睡状態に置くことにした。その後、容態が安定したため、最終的には昏睡状態から解放され、スイスにある家族の自宅に移され、治療を受け続けている。それ以来10年間、彼を目にすることができた人はほんの一握りであった。

伝説のレーサーに関するNetflixのドキュメンタリーを公開した後も、家族は彼の病状について多くを明かさなかった。おそらく、当時ハースF1チームでドライブしていた息子のミックが言ったことが、最も重要な手がかりだっただろう:「父さんと僕は、今なら違う形で理解し合えると思う。同じような言語、モータースポーツという言語を話しているのだから。そして、私たちはもっと多くのことを話すことができるだろう。”

ミックが父親と会話を交わすことができないのは明らかだ。

シューマッハの遺産がスポットライトを浴び続ける

シューマッハの家族がプライバシーの維持を主張しているにもかかわらず、7度のワールドチャンピオンに輝いたシューマッハの名前は、特に2000年代前半の圧倒的なパフォーマンスに匹敵することを目指すドライバーが増えるにつれて、定期的に取り沙汰される。1994年と1995年にベネトンで最初の2冠を達成したシューマッハだが、最も記憶に残るのは2000年から2004年までのスクーデリア・フェラーリでの5年連続優勝だ。

その後、一時的に引退したが、メルセデスのチーム作りに携わるためにF1に復帰。2012年に現役を引退した。 ルイス・ハミルトンルイス・ハミルトン[1945-9007]はメルセデス・チームに移籍し、7度のワールドチャンピオンのうち6度のタイトルを獲得した。

言うまでもなく、ハミルトンがシューマッハの記録に近づくたびにシューマッハが言及された。 マックス・フェルスタッペン 支配的な時代を謳歌

2013年まで、シューマッハが完全に引退してまだ日が浅く、家族との時間を楽しんでいたときに悲劇は起こった。10年経った今も、モータースポーツファンは奇跡を願い、シューマッハとその家族に応援メッセージを送っている。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article