33.7 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

お買い得情報:Flipkartでvivo X100またはX100 Proを予約注文するか、Amazonのセールでタブレットを手に入れよう。

Must read

テクノロジー

vivo X100とX100 Proは、2024年に最も期待されるカメラ付き携帯電話だ。特にProモデルは、1/0.98インチ50MPメインセンサー、50MP100mmペリスコープ、50MPウルトラワイドが光る。

バニラのX100も50MPの1/1.49インチメイン、64MPの70mmペリスコープ、50MPのウルトラワイドと負けていない。両機種とも新しいDimensity 9300を搭載し、6.78インチ120Hz LTPOディスプレイを搭載している。Proは5,400mAhのバッテリーを搭載し、100Wの有線充電と50Wのワイヤレス充電が可能だが、X100は5,000mAhのバッテリーで120Wの有線充電のみとなっている。

vivo X100とX100 Proはインドではまだ発売されていないが、予約受付中で、最初の配送は1月14日(来週の日曜日)を予定している。

また、Flipkartから₹2,000パスでGalaxy S24を予約することもできる。サムスンは本当に品薄になると思っているのだろうか?S24、S24+、またはS24 Ultraの購入が完了すると、₹5,000のFlipkartギフト券がもらえます(最初の₹2,000は電話機の価格から差し引かれます)。注:このパスはキャンセルできません。もし気が変わった場合は、Flipkartが代わりに₹2,000ギフト券を差し上げます。ギャラクシーS24シリーズは1月17日に発表され、月末までには出荷が開始される予定だ。

今年のインド市場ではGalaxy S24シリーズにExynos 2400が採用されるようです。Snapdragon 8 Gen 3が欲しい?iQOO 12はいかがでしょうか。このチップを搭載した最初の携帯電話です。

12は、6.78インチLTPO 144Hzディスプレイ(1,260 x 2,800px、20:9)と、50MPメイン(1/1.3インチセンサー、OIS)、64MP 70mm潜望鏡、50MPウルトラワイドという驚くほど優れたカメラを搭載している。このシリーズによく見られるように、5,000mAhのバッテリーは120Wで超高速充電が可能だ。

Honor 90は、1/1.4インチの大型センサーを搭載した200MPカメラを搭載している。光学ズームはなく、センサーからのネイティブ2倍ズームは目を見張るほどではない。また、12MPのウルトラワイド(112°)と、ワイドレンズ(100°)を搭載した50MPのセルフィーカメラもある。Snapdragon 7 Gen 1 “Accelerated Edition “と5,000mAhバッテリー(66W有線充電のみ)を搭載。前面のディスプレイは6.7インチOLEDで、リフレッシュレート120Hz、10ビットカラー(1,200 x 2,664px)。

価格はやや低めだが、OnePlus Nord 3がある。Dimensity9000、6.74インチ120Hz 10bitディスプレイ(1,240 x 2,772px)を搭載し、80W充電対応の5,000mAhバッテリーを搭載する。カメラはメインに50MPの1/1.56インチセンサー(とOIS)、8MPのウルトラワイド(112°)、セルフィーカメラはベーシックな16MPモジュールだ。

次に、₹13,000~10,000円台の5G携帯電話を見てみよう。Realme Narzo 60xは5Gパワーを得るためにDimensity 6100+を採用し、6.72インチIPS液晶(120Hz FHD+パネル)と組み合わせている。背面には50MP、前面には8MPの基本的なカメラが搭載されている。3.5mmヘッドフォンジャックとmicroSDスロットに加え、33Wの急速充電が可能な5,000mAhのバッテリーを搭載している。

Infinix Hot 20 5Gも120HzのIPS液晶、6.58インチFHD+パネルを搭載している。こちらは旧型のDimensity 810チップセットを採用し、同様にベーシックな50MPリアカメラと8MPフロントカメラを搭載している。5,000mAhのバッテリーはわずか18Wで充電する。3.5mmヘッドフォンジャックとmicroSDスロットを備える。

次はPoco M6 ProとPoco M6。どちらもほぼ同じサイズ(6.79インチと6.74インチ)の90Hz IPS液晶を搭載しているが、ProモデルはFHD+の解像度を持ち、バニラのM6はHD+の解像度しかない。

ProモデルはSnapdragon 4 Gen 2を採用し、バニラモデルはDimensity 6100+を搭載している。また、Proモデルには2倍のメモリ(8GB RAMと256GBストレージ)が搭載されており、価格差を正当化している。さらに必要であれば、どちらもmicroSDスロットを備えている(3.5mmジャックもある)。バッテリーはどちらも同じ5,000mAhで、18Wの充電が可能だ。

Amazonがタブレットのセールを行っているので、いくつかの価格カテゴリーからいくつかピックアップしてみた。

まずはサムスンの新しいGalaxy Tab A9+から。11インチの90Hz液晶(1,920 x 1,200px)とSnapdragon 695チップセットを搭載し、7,040mAhのバッテリーで動作する。クアッドスピーカーとmicroSDスロットを搭載している。

11インチのフォームファクターでより多くのパワーが必要な場合、Xiaomi Pad 6は旧型だが金色のSnapdragon 870を搭載している。11インチのディスプレイはより高速(144Hz)で、10ビットカラーとDolby Visionを搭載し、より鮮明(2,880 x 1,800px)だ。クアッドスピーカーが搭載され、33Wの充電が可能な8,840mAhのバッテリーを搭載している。

Realme Pad 2は、十分な機能を備えたミッドレンジ・タブレットだ。Helio G99チップセットを搭載し、Wi-Fiと4G接続の両方を提供する。これもIPS液晶を採用したスレートで、10ビットカラー、解像度2,000×1,200pxの11.5インチ120Hzパネルだ。上記のXiaomiと同様、8GBのRAMと256GBのストレージを搭載している(ただし、こちらにもmicroSDスロットがある)。また、クアッドスピーカーを搭載し、バッテリーは8,360mAhで33Wの充電が可能だ。

2万円以下(50%オフセールのため実際は1万5千円以下)の価格帯に入るのはXiaomi Redmi Padだ。今回は4G非搭載だが、もう一つのHelio G99搭載モデルだ。解像度2,000 x 1,200pxの10.61インチ90Hz 10ビットディスプレイを搭載しており、IPS液晶を採用している。クアッド・スピーカーとmicroSDスロットも搭載している。バッテリーに関しては、8,000mAhの容量で18Wの充電しかできないので、もっと良かったかもしれない。

タブレットの章の最後を飾るのは、古いがかなり高価なタブレットのカップルだ。サムスンのGalaxy Tab S7 FEは12.4インチモデルで、60Hzでしか動作しないが、LCD(解像度2,560×1,600px)を搭載している。Snapdragon 778Gと10,090mAhのバッテリーを搭載し、45Wの有線充電が可能だ。USB-Cポートは外部ディスプレイでのDeXをサポートする(DeXマルチタスクはスレート本体のディスプレイでも利用可能)。Sペン・スタイラスが同梱されている。

Apple iPadは10.9インチIPS液晶、同じく60Hz(解像度2,360×1,640px)で、Apple A14 Bionicチップセット(iPhone 12世代から)を採用している。こちらはUSB-Cポートにビデオ出力用のDisplayPortを備えているが、Stage Managerには対応していない。しかし、おそらくここにあるデバイスの中で最高のソフトウェアサポートを得られるだろう。

最後に紹介するのは、1万円以下の携帯電話だ。Tecno Spark Go 2024は、その名の通りAndroid Go版の携帯電話だ。Unisoc T606チップセットは4G接続のみだが、それ以外はかなり高速だ。4GBのRAMと64GBのストレージを搭載しており、フルAndroidには十分なはずだ。とにかく、6.6インチHD+ IPS液晶は90Hzで動作し、8MPセルフィーカメラ用のパンチホールがある。ステレオスピーカー、3.5mmヘッドフォンジャック、microSDスロット、10Wの低速充電が可能な5,000mAhバッテリーを搭載している。

販売手数料が発生する場合があります。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article