28.6 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

日経平均は高水準でも岸田政権「低支持率」の理由 歴代の低支持率内閣と比べて何が違うのか | 市場観測 | 東洋経済オンライン

Must read

日経平均

日経平均
日経平均は高水準でも岸田政権「低支持率」の理由
歴代の低支持率内閣と比べて何が違うのか

『会社四季報』編集部

著者フォロー

フォローした著者の最新記事が公開されると、メールでお知らせします。
ログインはこちら

2024/01/05 6:00

東洋経済新報社の記者・編集者が、SBI証券のチーフストラテジストの北野一氏とともにマーケットを展望する動画連載「Market Trend Report」。

第9回前編は「低支持率内閣 それぞれの理由」です。北野氏が解説します(詳しくは動画をご覧ください)。

「歴代の低支持率内閣は森内閣と麻生内閣がある。日経平均株価がバブル後の安値を更新しており、森内閣ではITバブル崩壊、麻生内閣ではリーマンショックによるものだ。それぞれ歴史に残る市場混乱、株価下落が低支持率の1つの要因になった」

上の画像をクリックするとSBI証券「Market Trend Report」のページにジャンプします

SBI証券のチーフストラテジストの北野一氏はそう振り返る。一方で、現在同じく低支持率にあえぐ岸田内閣と、当時とは市場環境が大きく違うという。

「岸田内閣は33年ぶりに日経平均が高値となっている。それでも低支持率なのはなぜか」と疑問を呈する。その理由は「国民の困りごとが変わったからではないか」と推察する。詳しい説明については動画でご覧ください。

『会社四季報』編集部さんの最新公開記事をメールで受け取る

著者フォロー

フォローした著者の最新記事が公開されると、メールでお知らせします。
ログインはこちら


引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article