29.3 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

日経平均株価は「バブル超えの4万円」に挑戦へ 複数の証券会社トップが史上最高値更新に言及 | 金融業界 | 東洋経済オンライン

Must read

日経平均

高橋 玲央 : 東洋経済 記者

著者フォロー

フォローした著者の最新記事が公開されると、メールでお知らせします。
ログインはこちら

2024/01/04 5:00

日経平均 2023年の大納会

12月29日の大納会の式典にはワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表監督を務めた栗山英樹さんが出席した(撮影:梅谷秀司)

2024年の日経平均株価は、1989年12月のバブル経済絶頂時につけた史上最高値3万8915円を超える――。証券業界トップの間から強気の発言が相次いでいる。

「年内のどこかで日経平均は過去最高をつけ、4万円を超えることもあるのではないか」。そう話したのは、野村ホールディングス(HD)の奥田健太郎社長。昨年12月、東洋経済の取材に答えた。

大和証券グループ本社の中田誠司社長も、「日本株は年後半にかけて一段高が見込まれる。12月頃には過去最高値を更新する場面もある」とコメントした。

2023年は「卯(う)跳ねる」という干支にちなむ株式相場の格言どおり、相場が跳ねた1年だった。

日経平均は2万5834円で始まり、1~3月こそ小幅な上昇にとどまった。だが、3月末の東京証券取引所による「資本コストや株価を意識した経営の実現に向けた対応」(PBR1倍割れ対策要請)などで5月にあっさり3万円を突破。3万3464円で取引を終えた。

日経平均 大手3社の年末予想は3万円後半

 今年の干支は辰(たつ)で、相場格言は「辰巳(たつみ)天井」。卯年からの上昇相場は、辰年や巳年に天井をつけるというものだ。それを意識したのかはわからないが、証券大手の株価予測は強気だ。

野村HDは2024年末の日経平均を3万8000円、SMBC日興証券は3万8500円、大和証券グループは3万9000円と予想する。各社とも、2024年中のどこかで日経平均がバブル時の最高値を超え、4万円をうかがうとしている。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article