31.9 C
Tokyo
2024年 7月 24日 水曜日

S&P500種指数が2年ぶりの高値を更新:2023年の上昇と近年の比較

Must read

トップライン

ダウ工業株30種平均が史上最高値を記録し、S&P500とナスダック総合株価指数は2022年1月以来の高値で取引を終えた。

火曜日にニューヨーク証券取引所で働くトレーダーたち。

ゲッティイメージズ

主要データ

ダウ、S&P、そしてハイテク株比率の高いナスダックは、それぞれ0.4%から0.5%上昇した。

S&Pの1日の出来高は今年最低だったため、この反発は市場にとって今年最も眠い日のひとつである。 サンタクロース・ラリーサンタクロース・ラリーとは、クリスマスと元旦の期間中、年末のボーナスが株式へ流入し、株価指数が上昇する傾向を指す。

ダウは現在、年初来で13%上昇しており、2021年以降で最高のリターンを記録している。

S&Pは24%上昇し、2021年以来最高の年となり、ナスダックは44%上昇し、2003年以来最高の年となった。

年初の暗澹たる状況からすると、多くのトップ・ストラテジストにとって大きな驚きとなった今年の上昇は、3つの主要指数がそれぞれ2008年以来最悪の年間リターンを記録した2022年の残酷な損失の大部分を逆転した。

S&P指数は1980年以来12年ぶりの高水準で、1990年代後半のテクノロジー・ブーム時の30%超の上昇には及ばない。

主な背景

今年の株価上昇の多くは、2つの時期に集中していた:人工知能に後押しされた年初のラリーは、ほんの一握りの巨大ハイテク企業によって大きく支えられ、年末には2024年の金利引き下げへの期待の高まりに連動してより広範囲に急騰した。米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げキャンペーンが始まったことに対する市場の反応が、そもそもの株価下落の主な原因であった。

コントラ

もちろん、2023年の力強い回復はすべての資産クラスに及んだわけではない。今年最も大きな損失を出したのは、経営破綻したファースト・リパブリック、シグネチャー、シリコンバレー・バンクの投資家で、これらの銀行株の価値がゼロになり、破綻した。また、商品価格の下落でS&Pのワースト・パフォーマンス・セクターとなったエネルギー・公益企業の投資家、コビッド19ワクチンの収益が枯渇し、株価がそれぞれ40%以上下落したファイザーとモデナの投資家であった。

重要な引用

「株の強気相場は2024年まで続く。ヤーデニ・リサーチは火曜日の顧客向けメモで、オプション市場における弱気ベットの取引比率が強気ベットに比べて歴史的に低いことを指摘し、「恐らく、恐れることは何もない。

さらに読む

フォーブスよりS&P500、「サンタクロース・ラリー」が定着し、2020年以降で最高の四半期に突入By デレク・ソウル

フォーブスよりS&P500、史上最高値まであと0.6%に迫る FRBは最近の株価急騰に「混乱」したまま投稿者 デレク・ソウル

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article