31.9 C
Tokyo
2024年 7月 24日 水曜日

アルゼンチン、IMFと債務プログラム救済で合意、主要資金を解除へ

Must read

アメリカ

アメリカ アルゼンチンとIMF、債務プログラムを救済し、重要な資金を解除するための合意に達する

ホルヘ・オタオラ、エリアナ・ラシェフスキ著

ブエノスアイレス(ロイター通信) – アルゼンチンと国際通貨基金(IMF)は、440億ドルに上る同国の融資プログラムについて最終合意に達し、予想以上の47億ドルの融資枠を解除した。

「マクロ経済の安定を回復し、現在のプログラムを軌道に乗せるための一連の強化された政策について合意に達した」とIMFは声明で述べた。

アルゼンチンは、年間インフレ率が200%に向かい、外貨準備高がマイナス領域に入っており、前政権がプログラムに関連する様々な経済目標を達成できなかったため、IMFとの巨額の契約を見直す必要があった。

自由主義的なハビエル・ミレイ大統領の新政権は、先週末からブエノスアイレスでIMF当局者と協議しており、プログラムの7回目の見直しと債務返済のための新たな資金の確保を目指していた。

水曜日に発表された合意は、「今後数週間以内に」IMF理事会の承認に持ち越される、と金融機関は述べた。

合意発表後、アルゼンチンのルイス・カプト経済相は、合意は新たな取引ではなく、IMFは新たな債務プログラムとさらなる資金調達に前向きであると述べた。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article