33.7 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

中国の単結晶PERCセル価格が下落幅を拡大、TOPConセルは堅調に推移

Must read

毎週更新される pvマガジンダウ・ジョーンズ傘下のOPISが、世界のPV業界の主な価格動向について解説している。

中国の単結晶PERC M10セルとG12セル価格は、今週損失を拡大し、それぞれ4.54%下落の0.0484ドル/Wと16.69%下落の0.0584ドル/W、TOPCon M10セルは0.0610ドル/Wで安定した。

今週、PERC M10セルの価格スプレッドが拡大した。M10セルの平均価格が約0.389元(0.055ドル)/Wまで下落する中、大手セルメーカーは約0.41元/Wでの供給を続け、”これ以上価格が下がれば生産を中止する “と述べている。

これとは対照的に、ある総合メーカーによると、セルバイヤーはPERC M10セルを0.4元/Wで購入したがらないという。市場では0.35元/Wの取引価格さえ報告されていると、あるプロジェクト開発者は語った。

あるセル生産者によると、PERC M10セルは「生産能力が高すぎる」ため、「現在、市場にはかなり多くの不合理な価格が存在する」という。

一方、PERC G12セルは、需要の減少に伴い今週16.69%急落し、11月の需要急増による最近の上昇分を取り崩す以上に下落した、と市場ウォッチャーは述べている。これは、今年の設置需要のピークシーズンが過ぎたことを示唆している、と同氏は付け加えた。

人気コンテンツ

TOPCon M10セルは堅調に推移、高効率N型セルの供給不足に直面との見方で一致しかし、大手総合メーカーによると、N型セルの価格上昇は考えにくいという。今後2ヶ月間はクリスマスと旧正月の休暇のため「オフシーズン」だという。「低需要と供給不足がどのように影響しあうかにもよるが、n型セルの価格は近い将来安定的に推移するかもしれない」と彼は続けた。

大手太陽電池メーカーによると、かなりの量のPERCセル生産能力が閉鎖され、n型セル生産へのシフトが予想より早く進んでいるという。このメーカーによると、PERCセル生産能力の半分が閉鎖され、2024年には200-300GWのPERC生産能力しか残らないと予測されている。

ダウ・ジョーンズ傘下のOPISは、ガソリン、ディーゼル、ジェット燃料、LPG/NGL、石炭、金属、化学品、再生可能燃料、環境商品に関するエネルギー価格、ニュース、データ、分析を提供している。2022年にシンガポール・ソーラー・エクスチェンジから価格データ資産を取得し、現在は OPIS APACソーラー週報.

本記事で述べられている見解および意見は、筆者個人のものであり、必ずしも以下の見解を反映するものではありません。 PVマガジン.

このコンテンツは著作権により保護されており、再利用することはできません。私たちと協力し、私たちのコンテンツの一部を再利用したい場合は、ご連絡ください: editors@pv-magazine.com.

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article