32.1 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

EU、バッテリーおよびグリーンテック工場に40億ユーロの国家支援を決定

Must read

ビジネス情報

欧州連合(EU)は、自動車用電気バッテリー、ヒートポンプ、ソーラーパネルの生産に特化した新工場の設立を目的とした、40億ユーロ(約34億ポンド)に上る多額の国家支援投資を発表した。

このイニシアチブは、より環境に優しい未来を育成し、従来のエネルギー源への依存を減らすというEUのコミットメントにおける極めて重要な一歩である。

この戦略的な動きは、安価な中国からの輸入品の影響に対抗しつつ、グリーン技術の製造と採用を促進することを目的としている。

この発表は 電気自動車にますます注目が集まる中、再生可能エネルギー・ソリューションへの世界的な後押しがある。 やエネルギー貯蔵システムへの注目が高まっている。

この資金は、高度なバッテリー、電気自動車、その他のグリーン・テクノロジーの生産に特化した製造施設の建設と拡張の支援に充てられる。

EUは、この資金援助が雇用創出、経済成長、二酸化炭素排出量削減の触媒となることを想定している。

スウェーデンの著名な電池メーカーであるノースヴォルト社は、ドイツのハイデに新工場を建設するため、9億200万ユーロの国家支援を受ける予定である。

さらにフランスでは、多様なクリーンテック工場が25億ユーロの国家補助の恩恵を受ける予定だ。

これらの投資は、2050年までにガス排出量正味ゼロの気候中立性を達成するというEUの包括的使命に不可欠なものである。

同時に、これらの投資は、EUの気候変動に対する保護措置としても機能する。 中国の施設による競争の激化 電気自動車、ソーラーパネル、その他のグリーンテクノロジーを生産する中国の施設による競争が激化している。

この発表は、オーストリア、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、スロバキア、スペインで同様の国家補助制度が承認されたことに続くもので、その総額は91億ユーロにのぼり、さらにいくつかの構想が準備中である。

マルグレーテ・ヴェスタガー氏は、欧州投資銀行(EIB)総裁選に落選した後、競争政策を監督する欧州委員会副委員長としての職務を再開し、欧州内でネット・ゼロ設備を生産することの戦略的意義を強調した。

彼女はこう述べた:「クリーンなモビリティ、持続可能性、競争力という我々の目標を達成するために、これは非常に重要なことなのです」。

ノースヴォルトのギガファクトリーに割り当てられた巨額の資金は、米国ではなく欧州でのバッテリーセル生産を可能にするための措置である。

注目すべきことに、これは、より多額の外国からの補助金が約束され、生産拠点が海外に移転するのを防ぐために考案された特別なスキームのもとで、国家補助が初めて承認されたことを意味する。

EUは、国内生産施設の成長を支援するために的を絞った国家補助を活用することで、自国の製造能力を保護し、世界のグリーン技術におけるリーダーシップを維持することを目指している。

電池部門は、エネルギー貯蔵と電気自動車の普及において極めて重要な役割を果たしており、グリーン・テクノロジーの展望において重要な要素として浮上している。

技術的進歩の促進に加えて、EUは、国家補助を利用して、電池生産に使用される重要な原材料のための弾力的で相互接続されたサプライチェーンを構築することを目指している。

外部への依存を減らし、欧州内での持続可能なサプライチェーンを確保することで、EUは世界のグリーン技術市場における戦略的地位を強化しようとしている。

国家補助パッケージはまた、加盟国、産業界の利害関係者、研究機関の間の協力を促進することの重要性も強調している。

協力的なアプローチを促進することにより、EUは、最先端のグリーン技術の開発と展開を促進する相乗効果を生み出すことを目指している。

専門家は、この資金援助が最先端の製造施設の建設につながり、さまざまな産業界に波及効果をもたらすと予想している。

雇用創出だけでなく、研究開発への投資拡大を通じて経済的な好影響がもたらされ、欧州がグリーンテクノロジー分野で主導的な地位を占めるようになることが期待される。

40億ユーロの国家支援パッケージは相当なコミットメントではあるが、持続可能な低炭素経済への移行を目指すより広範な戦略の始まりに過ぎないと見られている。

EUは、その勢いを維持し、野心的なクリーンエネルギー目標を確実に成功させるためには、継続的な投資と協力が不可欠であることを認めている。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article