33.7 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

ウーブン・ファイナンスの失態:新興企業、電子メールの誤送信による操業停止を否定

Must read

テクノロジー

Coronation Groupが支援するフィンテックスタートアップのWoven Financeは、閉鎖を否定している。 送信された電子メール 水曜日の朝、シャットダウンをお知らせするメールが誤って送信されました。

「このメールは未承認のもので、即座に回収されました」と、同社のある有力者はTechCabalに語った。

「現在の市場力学と当社のビジネスモデルへの影響を徹底的に分析した結果、ウーブン・ファイナンスは2024年の第1四半期に決済サービス事業を停止することを決定しました。

同社はまた、顧客にアクセス・グループ傘下のフィンテック企業であるハイドロゲン社にサービスを移管すると伝えていたメールの重要な内容についても否定した。「いかなるサービスも譲渡する予定はありません」と同じ情報筋は述べており、おそらく2022年に取得したペイメント・ソリューション・サービス・プロバイダー(PSSP)ライセンスを指しているのだろう。

このフィンテックはTechCabalに対し、誤りを明確にする連絡を送り、株主と同社の取締役会が別の決定を下すまで事業を継続すると述べた。

Woven Finance社は、Coronation Merchant Bank社やCoronation Insurance社(旧WAPIC社)などを擁するCoronation Groupのベンチャー部門であるTrium社の支援を受けている。

*これは発展途上の話である。

テクノロジー アフリカの技術ニュースレターを受信する

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article