31.9 C
Tokyo
2024年 7月 24日 水曜日

カナダドルは金曜日に横ばい、週全体では軟調に推移

Must read

ビジネス情報

  • カナダドル(USD)は、米国のPPIミスを受け、対米ドルで小幅上昇。
  • カナダの経済カレンダーには、来週火曜日のCPIまで意味のあるデータはない。
  • 原油、サプライチェーン懸念で再び上昇。

カナダドルは、金曜の取引ではまちまちで、対米ドルで緩やかな上昇となった。 生産者物価指数 は、全面安を余儀なくされた。この日、カナダドル相場はまちまちの動きとなり、ルーニー相場は主要通貨のほとんどに対してマイナスとなった。

ルーキーのトレーダーは、来週火曜日のカナダ消費者物価指数(CPI)インフレの発表を待つ必要がある。しかし、月曜日には、11月の製造業売上高とカナダ中銀(BoC)の最新景況感調査が発表される。

原油市場は、中東の紛争が世界的なバレル取引に影響を及ぼす可能性があるとして、緊張を保っている。フーシ派反体制派との対立が続く中、タンカーや貨物船を紅海やスエズ運河からアフリカ大陸に迂回させる企業が増えている。

ビジネス情報 デイリーダイジェストカナダドル、予想より低い米PPIで小幅上昇

  • FRB(連邦準備制度理事会)の利下げ観測が強まる中、米ドルが売られ、カナダドルは金曜日に対ドルで10分の1上昇した。
  • 金曜の米PPI統計は的外れ。
  • 12月の米消費者物価指数(PPI)は、予想の0.1%上昇に対し0.1%低下し、0.0%から-0.1%へと下方修正された11月の数字に上乗せされた。
  • 12月の米コアPPI(年率換算)は1.8%となり、前期を下回り、市場予想の中央値1.9%を下回った。
  • 生産者レベルでのインフレが予想より早く緩和したことで、市場は再びFRBの利下げペースがより速く、より深くなるとの見方を強めている。
  • FRBスワップは2024年までの追加金融緩和を織り込んでおり、短期金利先物は上昇し、市場はFRBによる年内の利下げ幅を154ベーシスポイントから160ベーシスポイントに拡大することに賭けている。
  • 米英海軍がフーシ派の標的に対する攻撃を開始したことで、中東の混乱をめぐる原油市場の緊張が再び高まっている。

ビジネス情報 今週のカナダドル相場

以下の表は、今週のカナダドル (CAD) の主要通貨に対する変動率を示しています。カナダドルは対豪ドルで最も堅調でした。

米ドル EUR GBP CAD 豪ドル 日本円 ニュージーランドドル スイスフラン
米ドル -0.10% -0.23% 0.33% 0.47% 0.11% 0.08% 0.19%
ユーロ 0.10% -0.11% 0.44% 0.58% 0.22% 0.19% 0.28%
GBP 0.22% 0.11% 0.55% 0.69% 0.33% 0.30% 0.40%
CAD -0.33% -0.43% -0.56% 0.14% -0.20% -0.25% -0.15%
豪ドル -0.47% -0.57% -0.69% -0.14% -0.34% -0.39% -0.30%
-0.15% -0.21% -0.36% 0.23% 0.36% -0.03% 0.06%
NZD -0.09% -0.19% -0.31% 0.25% 0.39% 0.03% 0.09%
スイスフラン -0.19% -0.28% -0.40% 0.16% 0.30% -0.06% -0.09%

ヒートマップは主要通貨の対円レート変動率を示しています。基準通貨は左の列から、気配通貨は上の行から選ばれます。例えば、左の列からユーロを選び、水平線に沿って日本円に移動すると、ボックス内に表示される変化率はEUR(ベース)/JPY(クォート)を表します。

ビジネス情報 テクニカル分析:金曜日のカナダドルは対米ドルで横ばい

カナダドル(CAD)は、米ドル/加ドルペアを1.3350近辺まで押し下げ、週明けの取引に向けて、対米ドルで小幅上昇となっています。

同ペアは、木曜日に1.3443の2024年の新高値まで上昇したが、日中の値動きで中値圏に戻りつつある。 チャート 1.3360近辺の200時間単純移動平均線(SMA)にノッキングしている。米ドル/加ドルは、来週に向けて横ばいで推移しているため、安値更新の短期パターンが崩れそうだ。

日足ローソク足には 米ドル/加ドル 同ペアは、1.3500付近の200日SMAの安値圏で取引を続けており、下降中の50日SMAが長い移動平均線を弱気クロスオーバーするよう設定されているため、今後同ペアのテクニカル天井を形成する可能性がある。同ペアは現在、2024年の始値から0.73%上昇しており、12月後半の安値1.3775から1.26%上昇している。

ビジネス情報 米ドル/加ドル 1時間足チャート

ビジネス情報 USD/CAD 日足チャート

ビジネス情報 カナダドルFAQ

カナダドルを動かす主な要因は何ですか?

カナダドル(CAD)を動かす主な要因は、カナダ銀行(BoC)が設定する金利水準、カナダ最大の輸出品である原油価格、カナダ経済の健全性、インフレ率、貿易収支(カナダの輸出額と輸入額の差額)です。その他の要因としては、投資家がリスク資産を選好しているか(リスクオン)、安全資産を求めているか(リスクオフ)といった市場心理があり、リスクオンはカナダドルにとってプラスとなる。最大の貿易相手国である米国経済の健全性もカナダドルに影響を与える重要な要因です。

カナダ中銀の決定はカナダドルにどのような影響を与えますか?

カナダ銀行(BoC)は、銀行が互いに貸し出しできる金利水準を設定することで、カナダドルに大きな影響を与えます。これはすべての人の金利水準に影響を与えます。カナダ中央銀行の主な目標は、金利を上下させることでインフレ率を1~3%に維持することです。相対的に高い金利はカナダドルにとってプラスに働く傾向があります。カナダ中銀はまた、量的緩和と引き締めを用いて信用状況に影響を与えることができ、前者はカナダドルにマイナス、後者はカナダドルにプラスとなる。

原油価格はカナダドルにどのような影響を与えますか?

原油価格はカナダドルの価値に影響を与える重要な要素です。石油はカナダの最大の輸出品であるため、原油価格はカナダドルの価値に直ちに影響を与える傾向があります。一般的に、原油価格が上昇すれば、カナダドルも上昇します。原油価格が下落した場合は、その逆のケースとなる。原油価格が上昇すると、貿易収支がプラスになる可能性が高くなり、これもカナダドルの支援材料となる。

インフレデータはカナダドルの価値にどのような影響を与えますか?

インフレは貨幣価値を低下させるため、従来は通貨にとってマイナス要因と考えられてきましたが、国境を越えた資本規制が緩和された現代では、実際には逆の現象が起きています。インフレが高まると、中央銀行は金利を引き上げる傾向にあり、有利な資金保管場所を求める世界の投資家から資本流入が増える。その結果、自国通貨(カナダの場合はカナダドル)の需要が高まる。

経済データはカナダドルの価値にどのような影響を与えますか?

マクロ経済データの発表は経済の健全性を測定し、カナダドルに影響を与える可能性があります。GDP、製造業およびサービス業PMI、雇用、消費者心理調査などの指標はすべて、カナダドルの方向性に影響を与える可能性があります。好調な経済はカナダドルにとって好材料です。外国からの投資が増えるだけでなく、カナダ中銀の金利引き上げを促し、通貨高につながる可能性があります。しかし、経済データが弱ければ、カナダドルは下落する可能性が高い。

このページに掲載されている情報には、リスクと不確実性を伴う将来の見通しに関する記述が含まれています。このページで紹介している市場や金融商品は情報提供のみを目的としており、これらの資産の売買を推奨するものではありません。投資を決定する前に、ご自身で十分なリサーチを行ってください。FXStreetは、本情報に誤り、エラー、または重大な虚偽記載がないことを一切保証しません。また、本情報がタイムリーなものであることを保証するものでもありません。オープンマーケットへの投資は、投資額の全部または一部の損失、精神的苦痛を含む大きなリスクを伴います。元本の全損失を含め、投資に伴うすべてのリスク、損失、コストはお客様の責任となります。本記事で表明された見解および意見は著者のものであり、必ずしもFXStreetおよびその広告主の公式な方針または立場を反映するものではありません。本ページに掲載されているリンクの末尾に記載されている情報について、筆者は責任を負いません。

記事本文に明示的な記載がない場合、記事執筆時点において、筆者は本記事で言及されているいかなる銘柄についてもポジションを有しておらず、また言及されているいかなる企業とも取引関係はありません。筆者は、FXStreet以外から本記事執筆の対価を受け取っていません。

FXStreetおよび筆者は、個人的な推奨を行うものではありません。筆者は、本情報の正確性、完全性、適合性に関していかなる表明も行いません。FXStreetおよび著者は、本情報およびその表示または使用から生じるいかなる誤謬、脱漏または損失、傷害もしくは損害に対しても責任を負いません。誤謬および脱漏を除く。

著者およびFXStreetは登録投資アドバイザーではなく、本記事のいかなる内容も投資助言を目的としたものではありません。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article