32.1 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

Google Pixel Launcherでデフォルトの検索エンジンが選べるようになる

Must read

テクノロジー

他の一般的なAndroidランチャーと同様、Pixel Launcherは、携帯電話の設定、アプリ、連絡先、オンラインを検索して結果を得ることができるユニバーサル検索機能を備えている。最近リリースされたAndroid 14 QPR 2 Beta 3には、このランチャーの新バージョンと、「検索エンジン」というかなり興味深い隠し設定メニューがある。ウェブ検索に使用するアプリを選択します。これはホーム画面の検索とコンテンツに影響します。”


現時点では憶測に過ぎないが、Pixelデバイスは近いうちに、システムレベルの検索エンジンをGoogleからBingやDuckDuckGoのような他のものに切り替えることができるようになるかもしれないようだ。この情報は、この分野のタレコミ屋として知られる@Nail_Sadykov氏のTwitterで浮上したもので、このスレッドにはChromeブラウザに関連する興味深い類似の発見も掲載されている。どうやら、ユーザーはブラウザに同様の「検索エンジン選択」フラグを発見しており、このフラグを設定することで、ユーザーに検索エンジンの選択肢を提供する「初回実行」エクスペリエンスに影響を与えることを示唆する文章が添えられている。


もちろん、これは様々な憶測を呼び起こす可能性があるが、グーグルが現在、大規模な反トラスト法裁判に巻き込まれ、米司法省と8つの州の検事総長から訴えられていることを思い出していただきたい。この裁判では、検索エンジン市場で90%から95%の独占権を持つグーグルが、消費者が別の検索エンジンを見つける可能性のあるほとんどすべての手段を封鎖することによって独占的な経営を行っていると主張している。検索大手のグーグルが、iOSのデフォルトをグーグルにするためにアップルに年間100億ドルを支払っていることを考えれば、その主張がいかに妥当かわかるだろう。

グーグル側のこの新たな動きは、法的な圧力の高まりに関連しているのかもしれない。また、グーグルの「独占」疑惑に対する最後の攻撃手段なのか、現在進行中の Playストアの戦い.

ソース1 | ソース2 | 経由

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article