28.6 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

今日の株式市場ウォール街、利下げへの期待薄で再び下落

Must read

東京–。 アジア株は木曜日、米国の利下げが間近に迫っているとの悲観的な見方が投資家の間に広がり、まちまちの値動きとなった。

日本のベンチマークである日経平均は、午前中の取引で0.5%高の35,637.01となった。オーストラリアのS&P/ASX200は0.5%下落の7,357.40。韓国のコスピは0.6%上昇の2,450.00。香港のハンセンは0.2%近く下落の15,251.64、上海総合は2.3%下落の2,768.90。

ウォール街は、連邦準備制度理事会(FRB)がいつ金利引き下げを実施するかについて楽観的になりすぎたかもしれないという別のシグナルを受けて下落した。

S&P 500種指数は、26.77ポイント(0.6%)下落し、4,739.21となった。S&P500種指数は、史上最高値付近で過去11週中10回目の上昇を記録した後、2週連続の下落となった。

ダウ工業株30種平均は94.45(0.3%)安の37,266.67、ナスダック総合株価指数は88.73(0.6%)安の14,855.62。

債券市場における利回りの上昇が、再び株価の下落圧力となった。12月の米小売業者の売上高がエコノミストの予想より好調だったという報告を受けて、利回りは上昇した。

リセッション(景気後退)の予測を覆している経済にとっては良いニュースだが、インフレ上昇の圧力が続く可能性もある。その結果、連邦準備制度理事会(FRB)は、過去2年間に金利を大幅に引き上げた後、利下げを開始するのをトレーダーの予想よりも長く待つことになるかもしれない。金利が下がれば、経済と金融システムへの圧力が緩和され、同時に投資価格も下がるだろう。

年物国債利回りは、小売売上高報告直後に急上昇し、水曜日の4.06%から4.10%へと上昇した。利回りの上昇は企業の利益を圧迫し、また投資家の株への高値づかみ意欲を減退させる。

利回りの上昇はあらゆる投資に打撃を与えるが、高成長株は最も打撃を受ける傾向がある。テスラは2%、アマゾンは0.9%下落し、S&P500種株価指数で最も高いウェイトを占めている。ラッセル2000の中小企業も1.5%下落した後、0.7%の下落にとどまった。

FRBへの期待により近い2年物国債利回りも急上昇した。水曜日に4.22%から4.34%まで上昇したのは、トレーダーがFRBの最初の利下げが3月に実施されるとの予想を縮小したためだ。CMEグループのデータによると、トレーダーは現在、その確率を60%以下に賭けており、1ヶ月前の約70%から低下している。

FRB高官のクリストファー・ウォーラー知事は火曜日、中央銀行が次の利下げに踏み切るまでには、経済の回復力を考慮し、時間をかける可能性があると述べた。

エイミー・ヤン氏率いるドイツ銀行のエコノミストによると、「これらの発言は、早ければ3月にも利下げを実施する可能性を残しているが、同時に、利下げが決定事項ではないことを示している」という。

水曜日、欧州中央銀行(ECB)総裁は講演で、早すぎる利下げのリスクについて警告した。

金利は株価を決定する主要なレバーの一つである。もうひとつは企業収益で、水曜日にはU.S.バンコープやビッグ5・スポーティング・グッズなど、アナリストの予想を下回る決算を発表した企業があった。

チャールズ・シュワブはアナリストの予想より強い利益を報告したが、株価は1.3%下落した。売上高は予想を下回り、アナリストは、予想以上の収益は、税率が緩和されたことも一因であろうと述べた。

スピリット航空は再び大きな圧力を受け、22.5%下落した。同社の株価は前日、航空運賃の値上げにつながるとの懸念から米判事がジェットブルー航空による買収を阻止したため、ほぼ半減した。ジェットブルーは8.7%下落した。

エネルギー取引では、ベンチマークとなる米国産原油は20セント高の1バレル72.76ドル。国際標準のブレント原油は77.88ドルで変わらず。

為替取引では、米ドルは148.11円から148.03円まで値を下げた。ユーロは1.0894ドルと、1.0886ドルから上昇した。

___

APビジネスライターのStan Choeがニューヨークから寄稿。Yuri KageyamaはXでhttps://twitter.com/yurikageyama。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article