29.2 C
Tokyo
2024年 7月 24日 水曜日

NASAは、2024年は2023年よりもさらに暑くなると警告している。

Must read

ビジネス情報

最近のNASAの報告によると、地球の平均気温は2023年に最も高くなった。

NASAは、何万もの気象観測所を利用して地球の気温データを取得している。この独立機関はまた、船やブイをベースとした機器によって取得された海面水温データを得ることによって、地球温暖化の速度を研究している。

昨年、地球の気温はおよそ1.2度まで上昇し、国際的に合意された地球温暖化の限界値である1.5度に達しようとしている。

もし世界の気温が1.5℃を超えると、世界は極端な天候の悪化と気候変動の不可逆的な影響を見ることになるだろう。

NASAのビル・ネルソン長官は声明の中で、米国は気候変動に脆弱な地域社会を支援するための大きな一歩を踏み出したと発表した。

ネルソンは言った:「猛暑から山火事、海面上昇に至るまで、私たちの地球が変化していることがわかります。しかし、バイデン大統領と全米の地域社会は、気候変動リスクを軽減し、地域社会がより強靭になるよう、これまで以上に行動を起こしている。

「NASAは、宇宙という私たちの有利な立場を利用して、すべての人々が理解しやすく、アクセスしやすい重要な気候データを地球に戻し続けます」とNASA長官は続けた。

地球温暖化防止のため、米国はゼロ・カーボンや低炭素エネルギーの選択肢をより手頃なものにした。ホワイトハウスはまた、エネルギー効率とクリーンエネルギー技術を優先させるよう動いている。

パム・メルロイ副大臣は、バイデンの「最近の法案は、気候危機の増大する影響に対するアメリカの回復力を強化するための数十億ドルを含む、アメリカ政府史上最大の気候投資を実現した」と述べた。

昨年6月から12月までのすべての月において、気温は世界記録を更新し、世界中の何億人もの人々が猛暑に見舞われた。

西アフリカに位置するマリは、世界で最も暑い国に選ばれた。このアフリカの国の年間平均気温は摂氏28.83度で、毎年およそ40万人が罹患する極度の干ばつに見舞われている。

カナダは、2023年に過去最大の山火事シーズンを経験した。国土の1,800万ヘクタール以上が焼失し、火災の被害は80%増加した。

2022年、カナダの山火事は記録的な1000万ヘクタールを焼失した。

昨年は異常な熱波と干ばつが発生しただけでなく、北米、アフリカ、ヨーロッパの一部に壊滅的な洪水が発生した。

2023年9月、嵐ダニエルが激しい風と突然の大雨でリビアを襲った。この暴風雨により2つのダムが決壊し、4,300人以上が死亡する致命的な洪水に見舞われた。約8,000世帯が行方不明となっている。

World Weather Attributionの科学者たちは、津波のような洪水を引き起こしたのは人為的な気候変動であると指摘し、有害な人間活動が異常気象をより激しくしたと指摘した。

NASAゴダード宇宙研究所(GISS)の所長ギャビン・シュミット氏は、「我々が経験している例外的な温暖化は、人類史上かつて見たことのないものだ」と指摘した。

世界気象観測の専門家同様、シュミット氏もまた、気候変動が脆弱な地域社会に与える影響を悪化させているとして、温室効果ガスの排出を非難した。

地球温暖化は「主に化石燃料の排出によって引き起こされており、熱波や激しい降雨、沿岸部の洪水などにその影響が現れている」と彼は述べた。

2024年にはさらに記録的な気象現象が起こると警告し、GISS所長は続けて説明した:「火山やエアロゾルのような時折の冷却要因があったとしても、温室効果ガスの排出量が増え続ける限り、我々は記録を更新し続けるだろう。

新年はさらなる環境破壊が起こるだけでなく、「我々は昨年、温室効果ガス排出量の新記録を打ち立てたばかりだ」とシュミット氏。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article