32.1 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

FRBは早すぎる金利引き下げの誘惑に耐えるべき

Must read

アメリカ

米国のインフレニュースは最近良くなっているが、連邦準備制度理事会(FRB)は早すぎる金利引き下げの誘惑に抵抗すべきだ。

経済はCOVIDから順調に回復している。GDPはエコノミストが2020年初頭に予想した水準まで回復している。 パンデミックが起きなければ.

労働力率は回復している。COVIDの直前には63.3%であったが、現在は62.5%210万人の追加労働者を不足解消に充てることも可能だが、米国では高齢化が進んでおり、労働力不足が深刻化している。女性はさらなる育児の課題に直面している。 オフィス復帰で

その求人と求職の比率は約1.4また、人工知能の登場、パンデミック(世界的大流行)時の消費者の商品購入増加、そして現在はサービス業への回帰といった経済構造の変化が、労働力不足を悪化させている。

FRB議長ベン・バーナンキとエコノミスト、オリヴィエ・ブランシャールによる分析は、インフレ率を2%にまで下げるには、この比率が1.0を下回る必要があることを示している。

12月には消費者物価指数は3.4%上昇前年同月比では3.4%上昇した。これは2022年6月の9.1%、前年の6.5%より良い数字だ。多くの進展は、以下のような形で達成された。商品のデフレ.中国の経済問題米ドルに対する人民元の安値そして石油市場の低迷米国の輸入価格を押し下げた.

中国は底力電気自動車、バッテリー技術、ソーラーパネル、風力技術、リチウム、レアアース、レアアース鉱物の分野でその他の産業欧米経済と成長著しいアジア諸国が必要としている製品である。中国は回復するそして人民元は安定するだろう。そして、欧州が欧州が輸入が増えるだろう。これらすべてが、製造品や日用品のデフレを終わらせ、石油需要と価格を上昇させるだろう。

一方、米国の労働市場の逼迫と賃金圧力は、CPIの59%を占め、2023年12月のインフレ率が5.3%であったエネルギーを除いたサービス業に影響を与え続けている。

シェルター(持ち家、賃貸住宅、賃貸アパートの帰属家賃を含む)は、2023年12月のインフレ率の5.3%を占めた。CPIの35の35%を占め、中核的サービスの指数に占める割合はさらに大きい。民間部門の調査によると、アパートの新規賃貸の賃料は、以下の通りである。下落している.ほとんどの賃貸住宅やアパートの賃貸契約では、家賃の調整は年単位で行われ、それ以下の頻度のものもある。従って新規契約における家賃下落の影響 は遅れを伴ってCPIに反映される。アナリストの中には、2024年にCPIに大きな影響が出ると予想している者もいる。.

しかし、民間賃貸指数は2022年8月から2023年1月にかけて大きく低下し、その後の数ヶ月間、CPIにおける住居費を大きく押し下げることはなかった。

実際、アメリカのほとんどの住宅は賃貸ではなく持ち家である。2023年、住宅価格は回復住宅価格は2023年に回復し、持ち家住宅の帰属家賃を支えている。

住宅および新築アパートの建設費は、建設期間を長期化させる地域の建築規制の強化、ゾーニングの問題、住宅建設が周期的に急増する際の労働力や資材の不足などによって、ますます押し上げられている。

アメリカ 金融政策はより緩やかになっている

エコノミストは米国を予測 経済成長は鈍化するが、2024年に不況に陥ることはないまた、最近のインフレに関する良好な報告を受けて、市場やアナリストはFRBが間もなく利下げに踏み切るだろうと予想している。

その通りだ、最新の予測ではにおいて、FRB は2024 年のオーバーナイト銀行貸出金利の4分の1ポイ ント引き下げを3回に相当すると見込んでいた。

しかし、早すぎる利下げは間違いである。

10月以降10年債利回りに影響を与える。経済全体の住宅ローンやその他のクレジットに課される金利に影響を与える。が4%を下回ったのは、以下の理由からである。財務省の借入ニーズが後退昨年第4四半期には国債の借り入れニーズが後退し、債券市場では利下げ観測が強まった。

今期は資金需要が増加し、FRBの政策に他の変更がなければ、10年債利回りは底堅く推移するだろう。4%前後おそらくもう少し高い。コア・インフレ率が3.9%で、FRB予測による実質GDPのトレンド成長を1.8%と仮定すると、長期国債金利は5.6%程度がより適切だろう。これらのことは、FRBの現在の政策スタンスがほとんど制限的でないことを示している。

最近のIMFの調査1970年代以降、56カ国で発生した100以上のインフレ・エピソードを調査したところ、インフレ率が5年以内に望ましい水準まで低下したケースは60%に過ぎなかった。最大の問題は、中央銀行が早すぎる利下げを行うことである。

中央銀行がその路線を維持し、より短期的な痛みを受け入れた場合、インフレはより確実に抑制され、GDP、雇用、賃金は5年以上にわたって良好に回復した。FRBがコア・インフレ率を2%にまで高めてから金利をさらに引き下げれば、経済はさらに繁栄するだろう。

ピーター・モリシはメリーランド大学の経済学者、名誉経営学教授であり、国内コラムニストでもある。

もっと見る 経済の健全性は、あなたが考えているほど不確かではない理由

こちらもお読みください: 景気後退は避けられないとエコノミストたちは言った。彼らが間違っていた理由がここにある。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article