29.3 C
Tokyo
2024年 7月 17日 水曜日

中国株、銀行準備高1390億ドル削減計画で再び上昇

Must read

アメリカ

中国の中央銀行が、不振にあえぐ経済を支援するため、近く金融緩和を実施すると発表したことを受け、中国株は水曜日のアジア取引終盤に急騰した。

中国人民銀行の潘公生総裁は記者ブリーフィングで、銀行の預金準備率を2月5日に0.5ポイント引き下げると述べた。

銀行が準備金として保有しなければならない現金の量を決定するRRRの引き下げは、市場に1兆元(1390億ドル)の長期流動性を提供するはずである、と公生総裁は述べた。

銀行の流動性を解放することで、金融部門がより多くの融資を行えるようにすることは、長い間、成長を後押しするためのPBOCの手段であり、今回の発表は、中国経済がCOVIDロックダウン以来、完全に立ち直るのに苦労している中で行われた。

消費者心理と経済活動は、多額の負債を抱える不動産セクターの暴落によって抑制されている。北京と西側諸国との間の政治的緊張は、海外からの直接投資を減少させる一因となり、景気低迷に拍車をかけ、上海総合株価指数を押し下げた。 CN:SHCOMP は、今週初めには5年ぶりの安値近くまで下落した。

火曜日の報道では 北京は株式市場を安定させるために2870億ドルの基金を検討していた上海総合指数は0.5%上昇し、香港ハンセン指数は0.5%上昇した。 香港:HSI 14カ月ぶりの底値から2.6%上昇。

水曜日のPBOCの発表後、この上昇は拡大し、上海総合指数は1.8%、ハンセンは3.6%上昇した。米国籍のiシェアーズMSCI中国ETF MCHI, は市場前取引で2.8%上昇した。

アリアンツとグラマシーのアドバイザーを務めるモハメド・エル・エリアンによると、水曜日に発表されたPBOCの政策措置は、中国の政策当局者が経済刺激にどれだけ圧力を受けているかを示しているという。

しかし同氏は、「この措置は成長見通しにわずかな影響しか与えないだろう。財政ベースの他の景気刺激策で補う方が、成長率を押し上げる効果が大きいだろう。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article