31.1 C
Tokyo
2024年 7月 18日 木曜日

富士通、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックスに22回目の選定

Must read

東京, 12月 11, 2023 – (JCN Newswire) – (JCNニュースワイヤー) 富士通は本日、世界有数のESG(環境・社会・ガバナンス)株価指数であるダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックス(DJSI World)の構成銘柄に選定されたことを発表した。富士通がこの指数に採用されるのは、1999年の創設以来22回目となります。同時に、富士通は昨年に続き、アジア太平洋地域の企業で構成される「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・アジア・パシフィック・インデックス」にも選定された。

DJSI Worldは、米国のS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社が共同で提供している株価指数で、ガバナンスや経済、環境、社会の観点から分析し、持続可能性に優れた企業を選定するもの。毎年、全世界で2,500社が対象となり、業種ごとに上位10%の企業が持続可能性の観点から選ばれる。2023年のDJSI Worldには、富士通を含めて321社が選定され、うち38社が日本企業である。富士通は、ITサービス&インターネット・ソフトウェア&サービス産業グループにおいて、「企業倫理」「イノベーションマネジメント」などのガバナンスや経済的な取り組み、「環境方針・マネジメントシステム」「排出量」などの環境に関する取り組み、「人財育成」「労働慣行指標」などの社会に関する取り組みが高く評価されました。

富士通は、FUJITSU Wayに掲げる「イノベーションを通じて社会から信頼され、持続可能な世界 を実現する」というOur Purposeを実現し、社会と地球の持続可能な発展に貢献する取り組みをさらに拡 大するため、今後もESGの視点に立った事業活動を推進してまいります。

富士通について

富士通の目的は、イノベーションを通じて社会の信頼を築き、世界をより持続可能なものにすることです。世界100カ国以上のお客様に選ばれるデジタルトランスフォーメーションのパートナーとして、12万4,000人の従業員が人類が直面する最大の課題の解決に取り組んでいます。当社の幅広いサービスとソリューションは、5つの主要テクノロジーを活用しています:コンピューティング、ネットワーク、AI、データ&セキュリティ、コンバージング・テクノロジーの5つのキーテクノロジーを駆使し、サステナビリティ・トランスフォーメーションを実現します。富士通株式会社(TSE:6702)は、2023年3月期の連結売上高が3兆7,000億円(280億米ドル)となり、市場シェアで国内トップのデジタルサービス企業を維持しています。詳細はこちら www.fujitsu.com.

プレス連絡先:
富士通株式会社
広報・IR部
お問い合わせ

著作権 ©2024 JCN Newswire.無断複写・転載を禁じます。Japan Corporate News Networkの一部門です。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article