29.2 C
Tokyo
2024年 7月 24日 水曜日

ダウ・ジョーンズ・ニュースワイヤー豪シグマ・ヘルスケア、薬局チェーンCWとの合併に合意

Must read

スチュアート・コンディ著


シドニー–オーストラリアの医薬品サプライヤー、シグマ・ヘルスケアは、個人経営の薬局運営会社CWグループとの合併に合意し、88億オーストラリア・ドル(57億9000万米ドル)以上の上場会社を設立する。

シグマは月曜日、7億豪ドルを現金で支払い、オーストラリアで著名な薬局チェーン「ケミスト・ウェアハウス」を運営するCWグループが合併会社の86%を所有するのに十分な新株を発行すると発表した。時価総額8億1,040万豪ドルのシグマの株主が残りを所有することになる。

シグマは、取引の現金部分とCWグループの現在の負債の借り換えのために、新たに10億豪ドルの借入枠を確保した。また、完全引受によるエンタイトルメント・オファーで4億豪ドルの株式調達を計画している。

シグマ社によると、この合併により、ヘルスケア卸、ディストリビューター、小売薬局のフランチャイザーが統合される。同社はオーストラリアのベンチマークであるS&P/ASX200の50大企業のひとつとなる。

両社は、合併後4年以内に年間約6000万豪ドルのコスト削減を実現すると見込んでいる。CWグループは、主にChemist Warehouseブランドで約600店舗を運営している。

「シグマはCWGとその創業者と40年以上にわたる商取引関係にあり、我々は、効率性、相乗効果、成長機会の実現に期待している」と、シグマのマイケル・サメルス会長は語った。

サメルス会長は統合会社の会長に就任し、シグマのヴィケシュ・ラムスンダー最高経営責任者(CEO)がCEOに就任する。CWグループの共同設立者で最高経営責任者のマリオ・ヴェロッキは引き続き薬局事業を指揮し、執行役員に就任する。

CWグループの共同設立者であるジャック・ガンス氏も取締役に就任する。

シグマの株主であるHMCキャピタルとHMCキャピタル・パートナーズ・ファンドは、オーストラリアの競争監視当局の承認を条件とするこの合併を支持する。


スチュアート・コンディ宛 stuart.condie@wsj.com


引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article