31.9 C
Tokyo
2024年 7月 24日 水曜日

アップル、画像中の個人情報を匿名化するAIスタートアップの買収を準備中と報じられる

Must read

テクノロジー

グーグルもアップルも、地図画像から顔やナンバープレートなど個人情報になりそうなものをぼかしているのをご存知だろうか。これはユーザーのプライバシーを守るための重要なステップであり、高く評価されている。AIが発達した現代では、より良い、よりエレガントなソリューションがあっても不思議ではない。ドイツのAIスタートアップBrighter AIが登場した。同社のディープ・ナチュラル・アノニマイゼーション2.0テクノロジーは、画像をぼかすのではなく、AIが修正することで顔とデータの匿名化を実現することを約束している。その結果、最終的な画像はより自然な仕上がりになり、ぼかしはまさに問題に対する「原始人」のアプローチのように思える。

テクノロジー ディープ・ナチュラル・アノニマイゼーション2.0
ディープ・ナチュラル・アノニマイゼーション2.0

業界筋によると、アップルはBrighter AIを買収し、その技術を自社の製品に使用する計画だという。同社のVR/ARヘッドセット「Vision Pro」が、この技術の恩恵を受ける最初の製品となるかもしれない。一見するとかなり不可解な決定だが、どうやらアップルはVision Proがある種のプライバシー問題を引き起こすことを懸念しているようだ。スマートフォンよりもずっと。

今日、VR/ARヘッドセットを装着することは、間違いなく目立たないが、この仮説には真実味があるかもしれない。考えてみてほしい。このような技術がより普通になれば、あらゆる公共の場でのカジュアルな着用が、実は普通でありふれたものになるかもしれない。そうでない今日でさえ、ヘッドセットを顔に装着している人を見るという目新しさは、映像を撮影しているときに点灯するデバイス前面の微妙な視覚インジケーターから注意をそらすのに十分すぎるほどだろう。

テクノロジー アップル、画像内の個人情報を匿名化するAIスタートアップの買収を準備中と報じられる

いずれにせよ、このようなAIの匿名化技術はかなりクールで、Vision Pro以外にも様々な面で役に立ちそうだ。もし何もなければ、アップルは地図画像の「ぼかしを取り除き」、より見やすくするために使うことができるだろう。

ソース

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article