2 C
Tokyo
2024年 2月 23日 金曜日

週間投票:アルミニウム、ステンレス、それともチタン?

Must read

テクノロジー

それは明らかだった。 2017年の時点で 携帯電話のボディの素材は金属が望ましいと。しかし、どの金属なのか?アルミニウムがデフォルトで、アップルは数年間ステンレスを使用していたが、その後チタンに切り替えた。

それぞれに利点がある。アルミは安くて軽い。ステンレススチールは強度が高いが、重すぎる。そのため、アップルはチタンに変更せざるを得なかったのかもしれない。チタンはアルミニウムよりも耐久性があるが、スチールよりも軽い。例えば、iPhone 14 Pro Maxの重さは240gで、15 Pro Maxは221gだ。

もちろん、チタンは加工が難しく高価なため、使用量は限られている。でご覧になったことがあるかもしれませんが JerryRigさんの燃えるような探究心サムスンのGalaxy S24 Ultraは、外装を形成するチタンストリップを保持するためにアルミフレームとプラスチックを使用しています。アップルのiPhone 15 Proと15 Pro Maxの作りは少し異なっており、チタンはアルミニウムフレームに直接融合されている。

テクノロジー 週間投票:アルミニウム、ステンレススチール、それともチタン?

アルミニウムは最も硬い金属ではないため、よく設計された携帯電話だけが通常の曲げテストに耐えることができた。アルミニウムはまた、携帯電話を落とすと簡単に傷がつき、へこみます。

ステンレススチールについては、アップルは大衆市場の携帯電話にそれを使用する本格的な試みを行った唯一のメーカーであり、2017年のiPhone Xから昨年のiPhone 14 Proまで、かなり長い間続いた。ただ、重量の問題を回避する方法はありません。

新しい携帯電話を探すとき、チタンを使っている端末だけに注目しますか、それともアルミでも良いですか?どこかの会社がステンレスに再挑戦してくれることを望みますか?

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article